2017年09月10日

幻冬舎セールから未紹介作品を特集 「惑星クローゼット」「Lily lily rose」「ともだちごっこ」等

先日の記事でお伝えした通り、現在Kindleストアで幻冬舎作品が50%OFFになるセールが行われています。セール期間は9/8(金)〜9/10(日)。

Kindleで幻冬舎コミックスが50%OFF 「惑星クローゼット」「Lily lily rose」「このはな綺譚」等


今回はセール対象の中から、これまで詳しく取り上げたことのなかった作品を紹介します。


「惑星クローゼット」(つばな)



ある日愛海(あいみ)は、見知らぬ少女とともに怪物から逃げている夢を見ます。それ以来、眠るたびにその夢の続きを見てしまうように。単なる夢かと思っていた愛海でしたが、やがて夢で見た怪物が現実にも出現するようになりました。愛海は夢の中の異世界と現実を行き来しながら、何が起きているのが探ろうとしますが……。


愛海と少女(中盤あたりから「フレア」と仮称されます)の異世界探索がメインになっている作品です。公式によるとジャンル名は「百合×SFサバイバル」。ただし第1巻を見る限りは、知り合って間もないこともあってかはっきりと恋愛感情が読み取れる描写はありません。1巻終盤に愛海が危険をかえりみずフレアを助けに行くシーンがあるので、次巻以降の展開には期待できそうです。

gentousale2cc1.jpg


また、フレアと「先輩」も(サイコ的な意味で)危ない関係を連想させます。フレアが異世界に取り込まれてしまったのはこの先輩が原因のようです。

gentousale2cc2.jpg

なお、サバイバルなので若干のグロ描写(虫系、寄生系)があるので注意。


Lily lily rose (紺野キタ)



これまで百合漫画を多く手がけてきた紺野キタさんの作品。

のばらは、双子の姉妹・ゆりかの子である凛々(りり)を預かることになりました。凛々は、母親であるゆりかが亡くなって以来心を閉ざし、口をきけなくなっていました。そんな凛々も、のばらや周囲の人々の交流を通して徐々に子供らしい無邪気さを取り戻していきます。


凛々の心の再生が一つのみどころですが、のばらの心にも癒しがたい何かがあるように思われます。回想を見る限り、のばらは双子の姉妹であるゆりかと生前かなり仲が良かったようです。

gentousale2cc3.jpg

のばらが凛々を通してゆりかの姿を見ているような描写もあります。

gentousale2cc4.jpg

一応おねロリ展開、なのでしょうか……?ただ、ゆりかの死を乗り越えられていないのは凛々よりものばらではないか、という印象も受けます。果たして、のばらはこのまま凛々と上手くやっていけるのでしょうか。


また、のばらは下宿人の摩耶ともかなりの仲良し。公私ともにいろいろと摩耶に支えてもらっているようです。あるエピソードでは、のばらは摩耶との交際を宣言することに。

gentousale2cc5.jpg

ただしこの宣言はある事情あってのものであり、本当につきあっているわけではありません(多分……)。


ともだちごっこ(山田 デイジー)



聖ドロテア学園。ここは乙女の園。

gentousale2cc6.jpg

疑似姉妹(同級生ですが)的な制度、強力な権限を持つ生徒会長(的な役職)。そしてそれらを彩るフランス語(多分)由来の専門用語の数々。どこから見ても、非の打ちどころのない乙女の園。

主人公のたんぽぽは、もちろん(?)外部からの転入生。

gentousale2cc7.jpg

その純朴な顔立ちからもわかるように、素直で優しいのが取柄の性格……かと思いきや。実は友情をまったく信じないという非常に歪んだ信念の持ち主です。たんぽぽはこの学園の生徒たちの友情を「ともだちごっこ」と断じ、その破壊をもくろみます。

gentousale2cc8.jpg

たんぽぽは手始めに、皆の憧れの的である百合さんを誘って「女王(ラ・レーヌ。生徒会長のようなもの)」に立候補。しかし、かねてから百合のお似合いの相手と目されていた女の子・牡丹が、これに黙っているはずもなく……。


女子高ものの王道要素をこれでもかと散りばめつつも、それをあえて壊しにかかるという強烈な作風です。主人公のはずのたんぽぽが実は一番の謎キャラ。一体なにがそこまで彼女に友情を憎ませるのか。彼女が目指す結末とは何なのか。

9月23日にはコミック第2巻が発売予定。



今回の第1巻のセールは予習・復習に最適だと思います。



酩酊ガール(アザミユウコ)



「みかはな週末とりっぷ」などで知られるアザミユウコさんの作品。

主人公の茜が、飲み仲間の女子(同僚&上司)たちとともにお酒で盛り上がる姿を描きます。

gentousale2cc9.jpg

普通に読む限り恋愛要素は特にないので、百合かと言われると迷うところ。しいて探すなら、上司であるちょっと怖い女性とビールを通して打ち解ける話がそれっぽいでしょうか……?

gentousale2cc10.jpg

毎回女子達がお酒を通して明るくわいわいやっているので、読むと楽しくなれる作品だとは思います。

登場するお酒は毎回実在する銘柄で、詳細な解説が付いているのもみどころです。それぞれのお酒を美少女に擬人化したイラストがあるのもユニーク。

ちなみに、本作にメインの1人として登場する楯野川さんは同作者さんの「みかはな週末とりっぷ」にも登場しています。その関係で、巻末には「みかはな週末とりっぷ」とのコラボ漫画も収録されています。
 
ラベル:電子書籍
posted by trinder at 00:02| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

「将来的に死んでくれ」第2巻(長門知大)

長門知大さんの「将来的に死んでくれ」第2巻を読みました。



高校1年の菱川俊(ひしかわ しゅん)は、友人の刑部小槙(おさかべ こまき)に片思い中。小槙とそういう関係になるためには手段を選ばず、お金を積んで「ヤらせて」と懇願することも。

この「ヤらせて」はある意味俊の代名詞で、最近作られたPVでも使われています。



そんな俊をいつもクールにあしらう小槙。でも一緒に遊んだりはしてくれるので、決して俊を嫌っているわけではなさそう?そんな2人の不思議な関係をテンポよく描いたギャグ漫画です。

【参考記事】「将来的に死んでくれ」(長門知大)第1巻


第2巻でも、俊は煩悩丸出し、妄想全開です。

sindekure2ff1.jpg

小槙の気を引くためには無駄な努力を惜しまず、ありとあらゆるお馬鹿な行動に出ます。でもお金を積むことは(以前ほど頻繁には)しなくなったので少しは良識をわきまえてきたかも……?


終始欲望丸出しの俊ですが、今のところその欲望がかなったことは無いので本質的には結構ピュアです。小槙ちゃんとの間接キスでドキドキしてしまうシーンもあります。

sindekure2ff2.jpg


夏休みに小槙を遊びに誘う勇気が出ない、という初心な一面もあります。この巻の最後にようやく誘うことに成功しますが、果たしてこのデート(?)は上手くいくのでしょうか?



俊からのお馬鹿すぎるアプローチ、そしてクールに拒否する小槙。そんな2人のやりとりがボケとツッコミのようにテンポよく展開されています。

思ったことを何も考えずに実行する俊は、見ようによっては非常に純粋。「ヤらせて」なんかよりよほどハードルが低そうなことでなぜか臆病になってしまう姿は、けっこう乙女なようにも見えます。そういう点では百合漫画のツボをきちんと押さえており、楽しめる作品です。


(Kindle版あり)
 
posted by trinder at 10:11| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

「FLOWERS冬編」カウントダウンボイス公開開始

「FLOWERS冬編」公式サイトにて、発売へ向けたカウントダウンボイスの公開が開始されました。

flowers4_banner_mayu4.jpg

発売7日前である今回(9/8公開分)のボイスは、蘇芳と立花が担当しています。第一作であった「春篇」でメインを務め、完結編である「冬篇」でも主要キャラクターになるであろう2人。ちょっと感慨深いものがあります。「春篇」のメインだったキャラでもマユリは今回出てきませんが、このあたりは「冬篇」本編での再会までお預けという感じでしょうか。

9月15日のゲーム発売まで毎日更新されるようなので、楽しみにしたいと思います。


ラベル:flowers
posted by trinder at 19:21| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Kindleで幻冬舎コミックスが50%OFF 「惑星クローゼット」「Lily lily rose」「このはな綺譚」等

Kindleストアで、「幻冬舎コミックスの日」セールが行われています。幻冬舎の作品の多くが50%OFFになっているようです。セール期間は9/8(金)〜9/10(日)の3日間。

Kindleストア / 【50%OFF】幻冬舎コミックスの日


かなり最近の百合漫画も対象です。

まずは、7月24日発売の「惑星クローゼット」第1巻。公称ジャンル名「百合×SFサバイバル」です。



作者は「第七女子会彷徨」などのつばなさん。百合アンソロジー「ユリボン」でもある意味印象的な作品を描いていました。


同じく7月24日発売の作品だと、紺野キタさん作の「Lily lily rose」第1巻も。



【参考記事】
幻冬舎セールから未紹介作品を特集 「惑星クローゼット」「Lily lily rose」「ともだちごっこ」等



10月からTVアニメが放送開始の「このはな綺譚」も全5巻が半額です。



 

前身「此花亭奇譚」の新装版も、上下巻が半額。

 

天乃咲哉さんの作品だと、他に「御伽楼館」新装版の全2巻も対象。

 


幻冬舎で百合といえば、もちろん「ふたりべや」も。最新の第4巻まで半額になっています。

 

同じく雪子さんの百合短編集「おねだりしてみて」も対象。



【参考記事】
「ふたりべや」第4巻(雪子)/ メロンブックス限定アンソロジー
おねだりしてみて(雪子)


その他にも百合っぽい作品がいろいろ。

   


一応、漫画以外も対象のようです。「図説 女子高制服百科」「図説 女子中制服百科」は基本的には画集&資料集ですが、合間にちょくちょく百合っぽいイラストが挟まります。



gento1rrr2.jpg gento1rrr1.jpg

全国の女子校の制服が詳細に解説されているので、創作をしている人などは資料用にも良いかも。


他にも百合っぽい作品をみつけたら追記したいと思います。

Kindleストア / 【50%OFF】幻冬舎コミックスの日

 


その他、開催中のセール

ついでと言ってはなんですが、現在開催中の他のセールにも少し百合っぽい作品が含まれるので紹介します。

まずは、9/8〜9/14まで開催の「ぶんか社フェア」。

Kindleストア / 【50%OFF】 ぶんか社フェア

対象作品の多さに対して百合作品はほとんど無さそうですが、「センセイのジジョウ」は百合のようです。




他には、どのセールによるものか詳細不明ですが「DNAは教えてくれない」第1巻が99円になっています。




また、コミックキューン作品のセールは8月いっぱいまでかと思いきやまだ継続中のようです。

【参考記事】
Kindleでコミックキューン作品が108円/半額のセール 「ひなこのーと」「にゃんこデイズ」等
 
posted by trinder at 12:21| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

「Life is Strange: Before the Storm」Episode1: Awake クリアまで

前回の記事でお伝えした通り、「Life is Strange」の新作「Life is Strange: Before the Storm」がSteamなどで配信中です。

「Life is Strange: Before the Storm」が配信開始


前回の記事ではストーリーの冒頭部分を紹介しましたが、今回はその続きからEpisode1終了までを紹介したいと思います。


School Campus

レイチェルと一緒にライブを楽しんだ翌朝、クロエはブラックウェル高校へ登校します。「Life is Strange」本編ではクロエはすでに退学していましたが、本作ではまだ在籍中。

校舎前にいる生徒達との会話からは、クロエや学校の現在の状況を知ることができます。脇道的な会話も多く、中にはオタク達とテーブルトークRPGができるなんてイベントも。ここは分岐もありかなり凝っています。シナリオ進行に必須ではないようですが、余裕がある人は挑戦してみてもいいかも。


レイチェルは昨夜のクロエとの写真をフェイスブックにアップしていたらしく、学校内では早くも噂が広まっていました。中には、人気者のレイチェルと親しげなクロエをうらやむ人も。

bfs1tt1.jpg

Victoria: But It's on Facebook! I mean, that basically means you and Rachel are, like, BFFs.
ビクトリア「だってフェイスブックに上げてたのよ?まるであなたとレイチェルが親友みたいじゃない」

しかし、実際にはクロエには昨夜までレイチェルとの接点はほとんどありませんでした。突然学校の人気者と親友ということにされてしまったクロエは困惑します。


そしてクロエは校舎にてレイチェルと再会。レイチェルは昨夜の弾けぶりが嘘のように、人気者の優等生フェイスです。クロエはレイチェルの人物像がつかめず戸惑います。


Train

レイチェルはどういうわけか、クロエを「サボり」に連れ出します。2人で貨物列車に飛び乗って、どこかもわからないような場所で降りる。そんななんだか青春っぽいことをすることに。

貨物列車でのレイチェルとの会話は、ちょっとした自己紹介のようなもの。ただしその方法は、「自分について本当のことを2つと嘘を1つ言い、どれが嘘かを当ててもらう」というユニークなものになっています。

ここは選択肢も多く、ゲーム的にも英会話的にもみどころです。レイチェルの嘘を当てる部分だけでなく、クロエが自己紹介をする部分にも選択肢あり。「本当2つ、嘘1つ」というルールを破ってズルをすることもできるようです(クロエの設定をよく知らないプレイヤーなら意図せず破ってしまうこともありそうですが)。


列車内では、クロエが音楽を聴く場面もあります。ここでは、レイチェルと一緒に聴くかという選択肢あり。一緒に聴くを選んだ場合は、イヤホンをレイチェルとと片方ずつ使って聴きます。絵的にちょっとだけ良い感じかも?

bfs1tt2.jpg


「Life is Strange」本編を彷彿とさせる気になる台詞もあります。レイチェルはいつかこの町を出ていくのが夢のようです。

Rachel: Don't be surprised, Chloe, if one day, I'm just out of here.
レイチェル「クロエ、もしいつか私がここからいなくなっても、驚かないでね」

Chloe: Let me know if you need an accomplice.
クロエ「もし連れが欲しかったら言ってくれよな」


Overlook

2人が貨物列車から飛び降りると、そこはどこかの高台にある自然公園のような場所でした。レイチェルはなぜか双眼鏡に興味津々?

クロエとレイチェルはここでも、1つの双眼鏡を2人で一緒に見たりします。

bfs1tt3.jpg

さっきのイヤホンといいシェアするのが好きな2人です。


距離が近いためか、クロエがレイチェルの臭いを意識すると言う描写も。そこはかとなく百合を感じさせます。

bfs1tt4.jpg

Chloe: Rachel smells like... jasmine? Is she smelling me rigt now. too? Really should have showered this morning...
クロエ(レイチェルから、ジャスミンのような香りがする。レイチェルもあたしの臭いをかいでるのかな?今朝シャワー浴びとけばよかった)


Jankyard

ついさっきまでクロエと仲良くはしゃいでいたレイチェルでしたが、突然機嫌を損ね始めます。レイチェルの気まぐれに、クロエは困惑しっぱなし。

レイチェルの荒れっぷりはかなりのもので、一般人からお酒を盗んだりします。そして帰り道ではお酒をラッパ飲み。ひどい優等生です。

ただ、2人で線路の上を歩くシーンは「Life is Strange」本編をちょっとだけ思い出す構図です。行きで乗った貨物列車といい、鉄道の使い方が印象的なシリーズですね。某映画の影響か、線路には青春を感じさせるノスタルジーがあるのでしょうか。

bfs1tt5.jpg


レイチェルの機嫌はなかなか直らず、もう1人で帰ると言いだしました。呼び止めるクロエ。

Chloe: Rachel, wait! Don't go. Because... because I don't want to ruin this the way I ruin everything elss in my life.
クロエ「レイチェル、行かないで!あたしの人生上手く行かないことだらけだったけど、今回だけは駄目にしたくないんだ」

Rachel: And what is "this" exactly?
レイチェル「いったい何を?」


ここで、選択肢が現れます。

bfs1tt6.jpg

A friendship(友情を)

Something more(それ以上の何かを)


百合的には、もちろん後者を選ばずにはいられない……はず。


Chloe: You know. Like, a friendship. But... more.
クロエ「あのさ、友情っていうか…でもそれ以上の…」

Chloe: I know. Weird, right? It's just, today was the best day I've had since my dad died. And when I almost ruiend everything, it made me realize whatever's going on between us is special.
クロエ「わかってる。こんなの変だって。でも今日はパパが死んでからは最高の日だった。上手く行かないことだらけだったけど、私達の関係だけは特別だと思えたんだ」


そして、レイチェルの答えは。


Rachel: Chloe, I'm sorry. I'm really, really, sorry. But... I can't. I can't. Even thouh I want to. I know it isn' fair. But it's how it is.
レイチェル「クロエ、ごめんね。本当にごめん。でも、できないの。できないのよ。たとえそうしたいと思っていても。ずるいってわかってる。でも仕方がないの」

bfs1tt7.jpg

Rachel: Goodbye. Chloe.
レイチェル「さようなら、クロエ」


レイチェルに去られ、1人泣き叫ぶクロエ。バットでそこらじゅうにあるものを壊したり。気が付くと、夜になっていました。

クロエが家に帰るために再び線路を歩いていると、そこにはレイチェルが待っていました。

レイチェルは、今日一日の一見気まぐれな行動の理由を明かします。レイチェルは父親をとても慕っていたのですが、今日になって彼が不倫をしていたことを知ってしまったのです。荒れていたのはそれが原因。

クロエへの態度が単なる八つ当たりなのは、レイチェル自身もよくわかっていました。レイチェルはクロエに謝り、クロエが自分の気持ちをまっすぐに伝えてくれたのが本当はうれしかったと語ります。

Rachel: You had the courage to tell me that you feel it, too. And I treated you like shit.
レイチェル「あなたは勇気を出して本当の気持ちを伝えてくれたのに、私はひどい態度を取って……」


さらに、レイチェルはクロエと驚くべき約束をします。

bfs1tt8.jpg

Rachel: There's nothing keeping me here. Not anymore.
レイチェル「もうこの町にはいたくない」

Chloe: So if I came to you tomorrow and told you to pack your bags...
クロエ「じゃあもしあたしが明日迎えに行って、荷物をまとめろと言ったら……」

Rachel: I'm serious. Let's do it, Chloe. Let's leave this place forever.
レイチェル「私は本気だよ。やろう。一緒にここを出て行こう」


その決意を示すかのように、レイチェルは昔父親と一緒に撮った写真を燃やします。そして燃え盛る炎の中、「Episode1: Awake」は幕を下ろします。


続きは後日配信予定のEpisode2で描かれることになります。果たして、2人は約束通りに駆け落ち(?)を果たすことができるのでしょうか……?
 

Life is Strange: Before the Storm(Steam内個別ページ)
 
ちなみに現在はまだ日本語に対応していませんが、後日対応することが公式に発表されています。

『Life is Strange: Before the Storm』の日本発売が決定!(ファミ通.com)
 
posted by trinder at 01:10| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

「Life is Strange: Before the Storm」が配信開始

「Life is Strange: Before the Storm」が配信開始されました。海外では8月31日から、日本では9月1日からです。



Life is Strange: Before the Storm (Steam内販売ページ)


Life is Strangeとは

Life is Strangeは、2015年にリリースされたアドベンチャーゲーム。もともと海外向けで英語がベースになっていましたが、2016年に日本語化もされています。

主人公のマックスは、時間を巻き戻す能力を持った女の子。かつての幼馴染・クロエと再会したマックスが、クロエの親友であり行方不明中のレイチェルという女の子を探すのが基本的なストーリーでした。

選択肢にもよりますが物語はかなり百合な内容で、マックスとクロエのキスシーンまでありました。また、回想で語られるのみながらクロエとレイチェルの間にもかなり強い友情があったことが伺えました。

【参考記事】
「Life Is Strange(ライフ イズ ストレンジ)」Episode 1
「Life Is Strange(ライフ イズ ストレンジ)」Episode 2・3
「Life Is Strange(ライフ イズ ストレンジ)」Episode 4・5


今回配信された「Before the Storm」は、そのスピンオフ的な内容。本編の3年前のクロエを主人公に、レイチェルとの絆を描くストーリーになるようです。


今回も基本的には海外向けで、言語も英語がデフォルト。日本語はまだ非対応のようですが、今後アップデートで追加してくれることを期待しましょう。購入自体はSteamなどの配信サイトで日本からも可能です。


Episode 1: Awake

というわけで、さっそく「Before the Storm」をプレイ開始。現在配信されているのは第1章「Awake(目覚め)」です。

最初の舞台は、夜の廃工場。クロエがなぜこんなところにいるのかというと、どうやらここで人気バンドの極秘ライブが行われているようなのです。家族と仲が悪く家にいたくないクロエは、こっそり抜け出してライブを見に来ています。

ですがいざ中に入ろうとすると、入り口の前に見張りが。どう見ても未成年であり、招待されたわけでもないクロエは簡単には入れてもらえないようです。

ここで、Backtalk(言い返し)モードが発動。

beforestorm1aa1.jpg

これは今作の新要素です。会話相手を言い負かしたり、挑発したりすることで自分に有利な流れを作ります。不良のクロエらしいユニークなシステムだと思います。

Backtalkに成功すると、見張りに中に入れてもらえます。


工場内は酔っ払いだのドラッグディーラーだのが闊歩しており、かなり危険な雰囲気。ですがライブの盛り上がりも最高潮です。

とっておきの場所を見つけてライブを楽しんでいたクロエでしたが、酔っ払いに因縁をつけられてしまいピンチに陥ります。そこに現れたのが、レイチェルという女の子。

beforestorm1aa2.jpg

レイチェルは酔っ払いに不意打ちを食らわせ、そのすきにクロエの手を取って逃げ出します。

上手く酔っ払いをまいた2人は、ライブを思い切り楽しめたのでした。

ただ、クロエにはちょっと気になることがあります。学校では人気者の優等生で通っているレイチェルが、この夜はやけに派手なロッカー風のいでたちだったような……?


そして翌朝。クロエの家のシーンから始まります。

昨夜の非日常から一転して、今度は思いっきり現実的。憂鬱な話題が多いです。家族と上手く行っていないこと、家の経済状態がよくないこと。シングルマザーだった母親が(クロエにとって)嫌な感じの男と交際していること。クロエの素行の悪さが学校でも問題になっていること。

このあたりは「Life is Strange」本編につながる描写も多く、そういう観点からも興味深いものになっています。そして、本作「Before the Storm」内でこれから起こる展開もいろいろ予感させます。まだ序盤も序盤ですが、今後の展開が楽しみです。


なお、「Life is Strange」本編の前日譚という関係でマックスは登場しません。マックスが他の街に引っ越してから数年間会っていなかった時期に該当するようです。ただ、クロエの回想という形ではたびたび言及されます。クロエの家を探索できるシーンでマックスの痕跡がいろいろ見るかるので探してみるといいかも。

本編ではマックスの日記という形であらすじが確認できましたが、今作ではクロエがマックスに書いた手紙という形になっています。

beforestorm1aa3.jpg

クロエのマックスへの変わらぬ友情(あと返事をよこさないことへの恨み)が感じられるので、余裕があったら読んでみてもいいかも。



英単語集

これからプレイしたいという人のために、序盤に出てくる英単語のうち重要そうなものを紹介しておきます。参考になれば幸いです。


mill:加工場、製粉所

最初の舞台。随分前に廃業しており普段は廃屋になっているようです。


Firewalk

冒頭のシーンでライブをしているバンドの名前。firework(花火)ではない。


bouncer:(クラブなどの)用心棒

入り口に立ちふさがっている人。


floral:お花の

ごついバイクにちょっとかわいいお花のプリントが。


backtalk:口答え、言い返し

上記のbouncerへのbacktalkに成功すると中に入れてもらえます。


insult:侮辱する

クロエは不良なのでちょくちょくこんな選択肢が登場します。


grafitti:落書き

「Life is Strange」はそこら中に落書きだらけでしたが、本作ではクロエ自ら壁に落書きをすることができます。書く内容も選べたり。


apologize:謝る

酔っ払いにぶつかった際などに選択肢に登場。


stairs:階段

会場内には、これ見よがしに2階への階段が。


dick:ばか

本来は男性のあれを意味するようですが、「ばか」「あほ」くらいの意味で多用されます。派生形でdickheadとかdickholeとか出てきますが基本的にぜんぶ悪口だと思っておけば間違いありません。


outfit:(上下そろいの)服

このゲームは着替えシステムがありますが、基本的に上下セットなのでoutfitと呼ばれます。
 
ラベル:life is strange
posted by trinder at 10:16| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Kindleで一部コミックがポイント約25%還元セール 「NEW GAME!」「ご注文はうさぎですか?」最新巻など

Kindleストアで、一部のコミックに25%前後のポイント還元が付いています。

セールの基準や対象範囲は不明ですが、とりあえず確認できたものを挙げていきます。

「NEW GAME!」は6月末発売の最新巻にポイント23%還元が確認できます。新キャラ2人は同棲(ルームシェアともいう)していたり、お風呂にも一緒に入ったりと百合的に可能性を感じさせます。そして後半では、ある重要キャラの離脱があったり……。物語の転機になりそうな巻です。



それ以前の巻には27%還元が付いているようです。




「少女終末旅行」は、最新の第4巻を含めおおむね27%還元が付いているようです。10月からTVアニメが始まることでも話題ですね。最近は英語版も出てたり。






「ヤマノススメ」は、8月10日発売の第14巻にポイント22%還元が付きました。例の「百合目」が含まれる巻です。



【参考記事】
「ヤマノススメ」第14巻(しろ) ついに百合目到達


「ご注文はうさぎですか?」は、8月27日発売の第5巻にポイント23%還元。




「小林さんちのメイドラゴン 」は、7月発売の第6巻に27%還元が付いています。




双葉社ポイント50%還元セール

ついでと言ってはなんですが、双葉社作品のいくつかにポイント50%還元が確認できるので紹介しておきます。


ラベル:電子書籍
posted by trinder at 08:12| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

Seven Seas‏が電子書籍版を配信開始 英語版「やがて君になる」「ハナとヒナは放課後」など

日本の漫画の英訳版を多数リリースしているSeven Seas‏さんという会社があります。百合漫画の英訳版は7割くらいはここから出ていると言っても過言ではなく、「やがて君になる」「Citrus」「加瀬さんシリーズ」「屋上の百合霊さん」などが該当します。古くは「Girl Friends」「ストロベリー・パニック!(漫画版)」等もここから。

これらの英語版は洋書扱いのため入手のハードルが少し高かったのですが、8月31日より電子書籍版のリリースが開始されました。配信サイトは今のところブックウォーカー‎が告知されています。


まだ既存作品のすべてが配信されているわけではないようですが、とりあえずの目玉は「やがて君になる」(海外版タイトル:Bloom into You)でしょうか。



他に百合要素がありそうな作品だと、「ハナとヒナは放課後」「紅殻のパンドラ 」「小林さんちのメイドラゴン」「ガールズ&パンツァー」「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」「「ストロベリー・パニック!(漫画版)」などの配信が確認できます。


なお上で引用した公式ツィートでは海外版ブックウォーカーへのリンクが張られていますが、日本版のブックウォーカーでも買えるものと思われます。

参考:Bloom Into You Vol. 1(日本版ブックウォーカー内)

上記個別ページ内で価格が日本円で表示されているので、おそらく買えるはず(私は紙版を持っているので重ねて購入はしませんが……)

価格は上記の「やがて君になる」含め1冊1000円となっている例が多いようです。紙版の相場より少し安いですし、電子版なので配送待ちの必要がないというメリットもあります。ブックウォーカーの会員になっている方は試してみる価値があるのではないでしょうか。


ちなみに、今のところブックウォーカー以外の電子書籍ストア(Kindleとか)での配信予定があるのかは不明です。
 

【参考:過去のSeven Seas作品(紙版)の紹介記事】
Bloom into You (英語版「やがて君になる」) 英単語帳
Bloom into You 2(英語版「やがて君になる」)Vol.2
Kase-San and Morning Glories (英語版「あさがおと加瀬さん。」)
Kase-San and Bento(英語版『おべんとうと加瀬さん。』)
Kindred Spirits on the Roof(漫画「屋上の百合霊さん」)英単語帳
 
posted by trinder at 23:08| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする