2017年11月04日

「ニコカド祭り」セール作品から未紹介作品を特集 「寮長は料理上手」「わびさび 平尾アウリ作品集」など

Kindleストアで開催中の大規模セール「ニコカド祭り2017」。百合作品も多数お得な値段になっています。

【参考記事】
「ニコカド祭り2017」11月3日時点でセール中の作品 「明るい記憶喪失」「青春スウィートトラック」「女子大生の日常」等


今回の記事では、セール対象の中からこのブログで詳しく取り上げたことのなかったものを紹介していきます。参考になれば幸いです。


「寮長は料理上手」第1巻(吉村佳)



百合漫画満載のコミックキューンで連載中。6月に第1巻が発売の比較的新しい作品です。

悠里(ゆうり)は、温泉町に引っ越してきた転校生。寮に住むことになった悠里は、寮長の摩耶をはじめとする個性豊かな住人達と交流を深めていきます。

タイトルからすると、寮長で料理が上手い摩耶がヒロイン。ですがその他の寮生たちにもほぼ平等に出番が用意されており、摩耶がずっと出ているわけではありません。悠里の日常そのものがテーマのようにも見えます。基本的に登場人物は全員女の子で、微笑ましい雰囲気の作品。

悠里は第1巻の時点ではまだ摩耶を名字で呼んでおり、もっと仲良くなるには何かきっかけが欲しいところです。摩耶が悠里の前で顔を赤らめる場面が度々あったり、期待できる要素は十分にありそうです。

nkkd2017_2ww2.jpg



「パンでPeace!」3巻・4巻(emily)



パンが大好きな女の子たちの日常を描く作品。第1話では、主人公が女の子からパンをもらって思わず告白するという飛ばしたスタートを切りました。

ブログでは1・2巻を紹介したことがあります。

【参考記事】
「パンでPeace!」第1巻(emily)
「パンでPeace!」第2巻(emily)


第3巻では、ふゆみがパンの研修で短期間ながらフランスに行くという展開があります。ふゆみは、大好きなのあと会えなくなるのがやっぱり寂しい模様。

nkkd2017_2ww9.jpg

4巻にかけて、のあに関するエピソードが非常に多くなっています。のあは他のみんなと同い年の高校生なのですが、小学生のような可愛らしい容姿からとても愛されている女の子です。ふゆみとまいがのあを取り合う場面はもはやお約束。

のあに触れると幸せになれる、という噂が立って学校中の女の子がのあを追いかけるエピソードもあります。のあの幸運パワー(?)をもらった女の子(モブ)が百合告白に成功したという事例も。

nkkd2017_2ww10.jpg


のあにちょっかいを出している謎の女の子として、クロアの暗躍も描かれます。クロアは、元々はまいの友人だったようです。でも、今のまいはのあのことが好き。クロアは過去にもまいと仲の良い女の子にちょっかいを出していたようです。実はクロアの本当の目的はまいなのでは……?ということが示唆されています。

実際、クロアのそのような真意を想像しているキャラも。

nkkd2017_2ww11.jpg

果たして、真相は……?



「さくらマイマイ」第2巻(おしおしお)



手違いで庶民の学校に入学してしまったお嬢様・櫻子と、寮の仲間たちの日常を描く作品。夏目というキャラ純に明確に恋していたり、その他のキャラにもいろいろと百合の片鱗を見せます。

ブログでは、過去に1巻を紹介したことがありました。

【参考記事】
「さくらマイマイ」/「ちゅうふれ。」


2巻ではさらに百合度アップしています。

まず新キャラとして菖蒲(あやめ)と椿が登場。椿は菖蒲が好きなことを明言しています。

nkkd2017_2ww5.jpg

百合担当キャラ同士で夏目とも意気投合。

nkkd2017_2ww6.jpg


既存のレギュラーキャラも、第1巻より百合度が強化されています。瑠璃は櫻子ラブなことがより明確に描かれるようになりました。櫻子をめぐってライバルになりそうな人間を消そうとするなど、ややヤンデレな側面ものぞかせます。

櫻子の妹の撫子も相変わらずのシスコンぶりです。櫻子をめぐって瑠璃と勝負する場面もあります。

ギャグはますますハイテンションになり、百合要素もますます濃厚になってきています。濃すぎてときおり狂気を感じる場面もありますが、独自のノリを突っ走っている作品です。

nkkd2017_2ww12.jpg



「青春スウィートトラック」第2巻(TOもえ)



こちらもコミックキューン。陸上部を舞台にしたお話です。

主人公のりく、そしてりくを慕う後輩の美南と競香を中心としたエピソードが多いです。美南と競香がりくをめぐっていつも張り合っているのがみどころ。さらに久実という百合好きな女の子がいて、りく・美南・競香のやりとりを眺めてはいつもドキドキしています。

ブログでは以前に第1巻を紹介しました。

【参考記事】
「青春スウィートトラック」第1巻(TOもえ)

第2巻でも、陸上×百合路線は継続中。特にみどころはみんなで銭湯に行く回あたりでしょうか。美南と競香は、どちらがりく先輩の背中を流すかで張り合います。最後は、仲良く2人ですることに……?

nkkd2017_2ww7.jpg


久実の百合妄想と暴走も止まりません。りくと美南or競香がイチャつく→久実が暴走してオチ、というパターンがほとんどお約束になりつつあります。

nkkd2017_2ww78.jpg

特に大きな事件が起こるわけではないものの、陸上部の日常と百合を組み合わせたユニークな作品となっています。


「わびさび 平尾アウリ作品集」



「まんがの作り方」「推しが武道館いってくれたら死ぬ」で知られる平尾アウリさんの短編集。かつて存在した百合アンソロジー「ひらり、」に掲載された作品が主ですが、「SAKURA」 「ユリボン」などからの収録もあります。1本を除いてすべて百合作品です。

平尾アウリさんらしく、不条理で荒唐無稽な作品が多め。ですが、ときどきシリアスな作品も。

「やわらかな夜」は、女子大生の主人公が同性にモテていた女子高時代を懐かしむお話です。自分を慕っていた後輩たちは、すでに離れていきました。そんなある日、今でも女の子が好きな先輩と再会して……。

nkkd2017_2ww1.jpg

笑いの要素が一切ない、ちょっと切なめのお話です。不条理ギャグ作品の合間に何度かこういうのが挟まるので油断できません。



「カーグラフィティJK」第3巻(さきしまえのき)



16歳で免許が取れるという世界観の中、自動車好きな女の子たちの日常を描きます。百合的なみどころは、主人公のミキのことが大好きなハルカ。

このブログでは、過去に第2巻までの内容を紹介したことがあります。

【参考記事】
「カーグラフィティJK」(さきしまえのき)2巻まで


第2巻でミキとハルカが無事免許を取ったことで、第3巻では2人の運転シーンが登場します。これまでは主にリサが運転していましたが、運転交代シーンなども入って展開に幅が出てきました。

百合的なみどころは、ハルカとリサが2人きりになる回でしょうか。ハルカがミキの魅力を数時間にわたって語り倒しています。

nkkd2017_2ww3.jpg


また、伊豆にお泊りする回ではハルカがミキの布団に(おそらく故意に)侵入。

nkkd2017_2ww4.jpg

この巻ではやや大人しかったハルカのスキンシップが存分に発揮されているシーンです。










posted by trinder at 01:47| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

Kindleストアで百合姫コミックス等がポイント約40%還元 10月発売の最新作も

Kindleストアで、一部コミックに37%程度のポイント還元が付いているようです。

注目は、発売から1ヵ月も経たない最新作が対象になっていること。百合姫コミックスの「citrus」「私の百合はお仕事です!」などは10月中旬発売の最新巻まで37%還元が付いています。



【参考記事】
「私の百合はお仕事です!」第1巻ほか


9月発売の「パルフェ おねロリ百合アンソロジー」も37%還元に。




セール対象には、他にもまだまだ新しめの作品がいくつか含まれています。














ここまで見てわかるとおり、今のところ百合姫コミックスが目立つセールです。

同じセールによるものかは不明ですが、百合姫関連以外にも40%前後のポイント還元が確認できる作品があります。

加瀬さんシリーズ最新作の「エプロンと加瀬さん。」は36%還元。



【参考記事】
「エプロンと加瀬さん。」Blu-ray付き特装版

「ひらり、」系の作品は他にもいくつかポイント還元が付いているようです。






「推しが武道館いってくれたら死ぬ」は2巻・3巻に43%還元が確認できます。




先日の記事でも少し触れましたが、「うちのメイドがウザすぎる」は全2巻がポイント46%還元です。




対象範囲の不明なセールですが、また何かわかったら追記しようと思います。
 
posted by trinder at 22:28| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ニコカド祭り2017」11月7日時点でセール中の作品 「明るい記憶喪失」「青春スウィートトラック」「女子大生の日常」等

Kindleストアで開催中の「ニコカド祭り2017」。11月30日まで、週替わりでカドカワ系作品が40〜70%OFFのセールになっています。9月末頃から約2ヵ月に渡ってのセールなので、そろそろ後半戦に突入という感じ。

Kindleストア / 「ニコカド祭り2017」特設ページ

今回は、11月7日(火)の時点でセールが確認できる作品を紹介します。前回更新分の記事をもとに、新しくセールになった作品を追記したほか、セール終了した作品は除外しています。また、一部作品は割引率に変動があったのでそのあたりも反映しました。


70%OFF

「ヴァルキリードライヴ」のコミカライズ2種が約70%OFFセール中です。




百合漫画とは言いがたいですが、「最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。」もセール中。本筋ではないものの、たまに百合を狙った絡みがあります。実写映画版はこのあたりを妙に膨らませて非常に濃いレズシーンが展開されました。割引率は巻によりバラつきがありますが、おおむね70%前後OFFになっているが確認できます。さらに第1巻・2巻はなんと85%OFFで100円に。



【参考記事】
最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。(松沢まり)
実写映画版「最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。」
「にゃんこデイズ」第2・3巻(たらばがに)



60%OFF

コミックキューンから「寮長は料理上手」第1巻が64%OFFセールになっています。今年6月発売のまだまだ新しい作品です。おそらく、今回が初セールです。



コミックキューン作品だと他に「ひなこのーと」(1巻)「パンでPeace!」(全4巻)「わたしの友達が世界一かわいい」(1巻)「にゃんこデイズ」(1・2巻)「シーズンシアターシアトリカル」(1巻)「放課後の本屋さん」などが64%OFFなのが確認できます。一部はこれまで50%OFFだったのが割引率アップしたようですね。






伊藤計劃さんの小説が原作の「ハーモニー」。全2巻が64%OFFです。




「カードキャプターさくら」等で知られるCLAMPさんの「不思議の国の美幸ちゃん」。主人公の美幸ちゃんが、様々な異世界でお姉さんたちからイチャイチャされるお話です。




「カーグラフィティJK」は全3巻が64%OFF。



「小百合さんの妹は天使」も新たにセールに追加されました。全巻64%OFFです。




「はいふり」1巻・2巻は当初50%OFFでしたが、割引率が大きくなり現在は64%OFFに。




これまで50%OFFだった「百合な私と悪魔な彼女」ぜ2巻も割引率アップで64%OFFになりました。タイトルに百合とついてはいますが、読む前にあらすじのチェック推奨。




「ガールズ&パンツァー」シリーズの漫画も、いくつかが64%OFF。




【参考記事】
「寮長は料理上手」/「パンでPeace!」3巻・4巻/「カーグラフィティJK」3巻
「ひなこのーと」第1巻(三月)
「わたしの友達が世界一かわいい」第1巻(三月)
「放課後の本屋さん」(右左もりもり)
「小百合さんの妹は天使」第4巻(最終巻)/ 伊藤ハチ
「カーグラフィティJK」(さきしまえのき)2巻まで


50%OFF

10/26に発売したばかりの「ゴブリンはもう十分に強い」第1巻が50%OFFになりました。Lv.99で最強のゴブリンの女の子が、弱小勇者な女の子と友達になるお話です。ゴブリンに恋している悪魔の女の子もいて、こちらはキスシーンまであり。



コミックキューンで連載中の「明るい記憶喪失」全2巻がセールに追加されています。2巻は9月発売なのでまだまだ新しいです。





その他のキューン作品も少しずつ増えてきました。「わたしのご主人様は人間じゃない気がする」(全2巻)「さくらマイマイ」(全2巻)「しすたー・いん・らう!」(1巻)などなど。






「女子大生の日常」全4巻も半額に。たまに百合っぽいシーンがあるようです。作者は「終活女子高生」などの津々巳あやさん。




「屋上に咲く花 水あさと短編集」なども。表題作が百合で、もともとは百合姫に載っていました。




話題の剣道百合漫画「剣姫、咲く」1巻も50%OFF。




「あの娘にキスと白百合を」は最新の第7巻を除く6巻までがセール対象です。




「ストライクウィッチーズ」シリーズも一部が50%OFF。




「戦姫絶唱シンフォギア」の漫画版は、全3巻が50%OFF。




他に百合っぽい作品は以下のような感じでしょうか。







小説だと「ノーブルウィッチーズ」などがセール対象なのが確認できます。



一般書籍だと「女子校ルール」なども。女子校あるある本ですが一部百合ネタあり。



【参考記事】
「あの娘にキスと白百合を」第6巻(缶乃)
「さくらマイマイ」第2巻ほか(おしおしお)
となりの吸血鬼さん 第1巻 / 甘党
「私立星城学園きらりん寮」第1巻(はなこ)
「しすたー・いん・らう!」第1巻(阿部かなり)
「明るい記憶喪失」第2巻(奥たまむし)
「青春スウィートトラック」第1巻(TOもえ)
「ちょっとかわいいアイアンメイデン」第4巻(a・アルフライラ/深見真)
女子校ルール


40%OFF





【参考記事】
「わびさび 平尾アウリ作品集」/「青春スウィートトラック」第2巻ほか


1巻無料キャンペーン

「三ツ星カラーズ」「こもりクインテット!」の第1巻の無料お試し版が配信開始されました。どちらもそこまで直接的に百合を狙っているわけではないようですが、女の子たちの日常ものとしては面白そうです。



他に無料配信中の作品だと、懐かしのくノ一百合漫画「ニニンがシノブ伝」第1巻も。





11月3日時点で確認できるセール状況は以上のような感じ。

セールの一応の目安は、Kindleストア内のセール特設ページです。

Kindleストア / 「ニコカド祭り2017」特設ページ

ただし上記ページから漏れているセール対象もかなりあるので、Kindleストア内を手動で検索する手もあります。

KindleストアをKadokawa/350円以下の条件で検索
 

セール期間である11月30日までに今後もいろいろ変化があると思うので、確認次第追記していこうと思います。
 
ラベル:電子書籍
posted by trinder at 10:48| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

Kindleストアで開催中のセール 「うちのメイドがウザすぎる」全2巻がポイント約50%還元など

Kindleストアで「萌えマンガフェア」なるセールが行われています。

Kindleストア / 【50%OFF以上】 萌えマンガフェア

期間は11月2日(木)〜11月9日(木)。

基準がざっくりしたセールですが、対象作品のうち百合要素がありそうなのは以下のような感じです。一部はカドカワのセールとも重複していたり。





ついでに、他のセールも紹介。

どのキャンペーンによるものか不明ですが、「うちのメイドがウザすぎる」全2巻がポイント46%還元になっています。2巻は10月に発売したばかりなのでかなり新しいです。


 

なお、「ニコカド祭り2017」 も絶賛継続中です。対象作品は金曜更新とのことなので、気になる作品があった人は見逃しがないように注意が必要かも。

【参考記事】
「ニコカド祭り2017」10月28日時点でセール中の作品 「寮長は料理上手」「小百合さんの妹は天使」「ハーモニー」等
 
posted by trinder at 12:03| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

総合タワーリシチ 完全版 上・下巻(あらた伊里)

あらた伊里さんの「総合タワーリシチ 完全版」を読みました。上・下巻の同時発売です。



「総合タワーリシチ」とは、かつて芳文社から発行されていた百合アンソロジー「つぼみ」(Vol.13〜最終号)で連載されていた作品です。

【参考記事】つぼみ Vol.13

しかし「つぼみ」の休刊とともに連載は終了。単行本は第3巻まで発売されました。

それから4年あまりを経て、突如として復活を果たしたのが今回の「完全版」です。旧つぼみ版を完全収録しているのはもちろんのこと、上・下巻合わせて計44ページの描きおろしを追加しています。

さらには、旧版の単行本化の際に描かれたおまけ漫画の類も完全収録。当時のアンケートはがきや、店舗ごとの購入特典用イラストまで網羅されています。

sougoutower_comp1.jpg

まさに「総合タワーリシチ」の完全版にふさわしい内容です。


みどころ

主人公の神奈を中心に、多数のキャラクターが織りなす群像劇です。基本みんなハイテンションで、非常にやかましいにぎやかな作風が売り。どのキャラも突然キレたり奇声を上げたりとか普通です。そんな中にも、女の子同士の友情や恋が丁寧に織り込まれています。


神奈×悠

主人公の神奈は、努力家で負けず嫌いな女の子。何でも一番になるのが大好き。ですが、高校ではそうそう思い通りにはいかず屈辱を味わいます。特に、隣の席の無表情な美少女・悠に勉強で負けたのが大ショック。にもかかわらず悠は特にこだわるそぶりを見せず、神奈はブチギレ。

しかし話してみると、悠はとても素直で良い子でした。悠は普段はむしろ不器用で、勉強の成績も彼女なりの努力の結果。根はお人よしな神奈は、危なっかしい悠のことを何かと気にかけてあげるようになります。

あまり感情を見せず何を考えているのかわかりづらい悠ですが、神奈に対しては積極的な態度を見せます。神奈が他の娘と仲良くしているのを見ると嫉妬してしまったり。悠の気持ちに気付いた神奈は、最後にはその想いに応える決意をします。

「完全版」での描きおろしエピローグでは、お付き合いを始めた後の2人が描かれます。

sougoutower_comp2.jpg

この2人メインの話だけで3本ほどあり、さすが主人公カップルという感じ。


都×ちはや

神奈たちのクラスメイトの都は、運動が得意で比較的常識人。その幼馴染のちはやは、整理整頓が苦手なズボラ少女。ちはやがとなりの都の家にしょっちゅう泊まりに行くほどの仲良しです。

コメディ担当の印象が強い2人ですが、後半ではちはやの特技である絵をめぐって少しだけシリアスなエピソードも展開されます。そこでも、ちはやにとって大事なのはずっと都であったことが描かれています。

sougoutower_comp3.jpg

描き下ろしエピソードは、ちはやが寝ている都にイタズラするというもの。しかし途中で都が起きてしまい変な雰囲気に……?


暁×リカ

暁はメガネ担当。……くらいの印象だったのですが、中性的な容姿と優しい性格から女子に人気があることが作中後半あたりで判明します。

リカは、クラスきっての美少女。ただし(神奈達ほどではないにせよ)意外と感情的になりやすい面も。

暁はリカと特に仲が良いのですが、リカは暁が誰にでも優しいことにちょっとだけ不満があるようです。暁はリカを慰めるため、「特別」になってほしいと提案するのですが……。

sougoutower_comp4.jpg

暁の性格もあってかなかなか進展せず、やきもきさせられる2人です。

描きおろしエピソードは、暁とリカが「デートみたい」(暁談)なことをするお話。付きあっていると明確に描かれてはいませんが、これはこれでこの2人らしいかも?


生徒会

後半からは、新キャラクターとして生徒会メンバーが登場します。生徒会長の大王と藤を中心に百合的にも期待できそうな人たちだったのですが、まもなく作品自体が終了。想像の余地を多く残す人たちとなっていました。

今回の描きおろしでは、生徒会内の人間関係(主に恋愛面)をとてもわかりやすく描いたエピソードがあります。一目でわかる表付き。

sougoutower_comp5.jpg

これを念頭に本編を読み返してみると、いろいろと新しい発見がありそうです。



4年ぶりに突然の復活を果たした「総合タワーリシチ」。

とにかく賑やかな作風で、楽しく読める作品です。連載当初は作者さん自ら百合要素の薄さを心配するほどでしたが、本編後半ではしっかりと百合漫画になっています。さらに「完全版」の描きおろしエピソードでは、多くのカップルが明確に恋愛関係として描かれていました。最後にちゃんと結ばれることを念頭に本編を読み返すと、また違った楽しみ方ができるのではないかと思います。

文字通りリシチのすべてが詰まった完全版なので、当時からのファンも、新規の読者にも読んでもらいたい作品です。



なお紙の書籍版は品薄により一部で高騰しているようですが、電子書籍版は手軽に入手可能です。


posted by trinder at 20:30| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

実写ドラマ版「ふたりモノローグ」第4話

実写ドラマ版「ふたりモノローグ」第4話を観ました。



今回は「図書館ではお静かに」「ドキドキ・クッキング」「さよならのカロリー」の3本です。いずれも原作にある同名エピソードをベースにしつつも、独特の膨らませ方をしています。

「図書館ではお静かに」では、原作通りにひなたとみかげが筆談。思いのほか盛り上がっており、筆談の後半部分はドラマ独自の内容になっています。みかげが調子に乗って下着の色とか聞いたり。

futamono4_d1.gif


「ドキドキ・クッキング」では、絆創膏を「左手の薬指」に付けてもらったみかげが色々妄想。原作通りですね。

futamono4_d2.gif


「さよならのカロリー」は、珍しく(?)ちょっと良い話です。下校時にみかげに「さよなら」と言ったひなたですが、「また明日」と言い直したくなり……。

ここまではほぼ原作通りですが、実は明日は土曜日だったというドラマオリジナルのオチが付きます。そして、土曜日に本当にまた会うことに。一話完結を基本とするこのドラマにしては珍しく、次回に続いています。


そんな次回は、「はじめてのデート」「無人島に二人きり」「ほっぺにジュースで友情を」の3本。

futamono4_d3.gif

「ほっぺにジュースで友情を」以外は原作に同名のエピソードが無い気がします。完全オリジナルの内容になるでしょうか?「デート」と明言していることもあり、かなり楽しみです。


posted by trinder at 23:17| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ふたりモノローグ」第2巻(ツナミノユウ)

今回は「ふたりモノローグ」第2巻の紹介です。



7月発売だった第1巻から約3ヵ月で早くも新刊の登場です。第1巻発売とほぼ同時に実写ドラマ版が先行放映されたことでも話題ですね。ドラマは現在、絶賛放送中です。

【参考記事】
「ふたりモノローグ」第1巻(ツナミノユウ)
実写ドラマ版「ふたりモノローグ」第1話


今回の第2巻でも、ひなたとみかげはひたすらにモノローグを応酬させます。毎回会話よりも心の声のほうが長いという奇抜な作風です。みかげがひなたへの愛ゆえに暴走するパターンが多いですが、ひなたもみかげのことをかなり美化しているのでどっちもどっち。なんだかんだで上手く行っている気がする2人です。

みかげのひなたへの特別な気持ちは、第1巻にも増して強調されています。キスのことを考えることも何度かあったり(未遂)。

hutamono2comic1.jpg

ひなたのほうも、色々勘違いしてはいるもののみかげを良い友達だと思っているようです。当初と比べれば、だいぶ良好な関係になってきているのではないでしょうか。今後の進展も楽しみ?


サロマユイ

ひなたの友人である佐呂間由依(さろま ゆい)は、みかげのことが好き。しかしドMなのか、みかげに冷たくあしらわれるのを望んでいます。今回奇行ぶりに拍車がかかっており、下手したら作中一番の変態なのではというレベル。顔芸も少々行き過ぎの領域に差し掛かっています。

hutamono2comic2.jpg

ただ、由依はみかげの想い人がひなたであることを知っています。基本的には、2人を応援するスタンス。果たしてこのままサポートに徹することができるのか、それとも欲望のままに暴走してしまうのか……?いろいろな意味で目が離せないキャラです。



(Kindle版もあり)
 
posted by trinder at 20:27| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

「にゃんこデイズ」第3巻まで(たらばがに) / 現在セール中!

たらばがにさん作の「にゃんこデイズ」第3巻を読みました。



ちなみに現在、「にゃんこデイズ」は「ニコカド祭り2017」のセール対象になっています。1巻・2巻は64%OFFの大幅値引き中。さらに、10月27日に発売されたばかりの第3巻も約30%OFFになっています。




改めてこの作品を紹介すると、主人公は3匹のネコを飼っている大人しい女の子・友子(ゆうこ)です。この作品でいうネコというのは、現実にいるあの動物とは別物。小さくてネコ耳がある以外は、ほぼ人間の子供に近い姿をしています。人語を話せ、読み書きもできるので知能は結構高いようです。

友子は、ネコ好きという共通の話題を通してクラスの人気者・あづみと仲良くなります。最初は遠慮していた友子でしたが、結構グイグイ来るあづみに押され、今では親友といってもいい関係。ネコの話題を通して友子とあづみがイチャイチャするのがメインなのでは、と時々思えるほどです。

このブログでは過去に第1巻を紹介したことがあります。

【参考記事】
「にゃんこデイズ」第1巻(たらばがに)

今回の記事では、2巻・3巻のみどころを紹介していきたいと思います。


第2巻



この巻でも、友子とあづみは絶賛イチャイチャ中です。特にあづみの暴走はすごく、単なる友達を超えているのでは?という言動がちらほら。

友子との「共同作業」という言葉に過剰反応したり。

nyanko23ff1.jpg


ネコと人間の関係を掘り下げたエピソードもあります。特に面白いのが、あづみの(自称)ライバルである嵐(らん)が、友子の飼いネコの一匹である「ろー」とネコだと知らずに文通するお話。

嵐とろーは、好きな小説の話題で意気投合。実際に会おうというところまで盛り上がります。しかし、実は嵐はネコが苦手らしい……そう聞いたろーは、人間に変装して会うことになります。

nyanko23ff2.jpg

楽しい時間を過ごす嵐とろーでしたが、ろーがネコだということを隠し続けるのはやはり難しくて……?

このエピソードは中盤の数話分を使って丁寧に描かれています。ネコをめぐる世界観の掘り下げとしても面白いストーリーになっています。


第3巻



今回もやっぱり友子とあづみがイチャイチャしています。あづみが友子の髪型をアレンジする話は女の子らしくて可愛らしいです。

nyanko23ff3.jpg

さらに、2人の間に入る新キャラクターとして、いろはという女の子が登場。かつて友子の家の隣に住んでいたという幼馴染です。人見知りな友子を昔から心配しており、あえて距離を取ったこともあったり。あづみとは違った形での友達思いです。

なお、あづみから友子の彼女だと誤解される場面があります。

nyanko23ff4.jpg

あづみはさすがの百合脳というかなんというか。


今回は、ネコ同士の交流も描かれています。表紙にも出ている縞模様のネコは、新キャラクターです。初登場エピソードでは、友子の飼っている「しー」を「とらわれのオヒメサマ」だと思い込み、助けようとします。

nyanko23ff5.jpg

なお性別は女の子とのこと。でも女の子らしくない自分にコンプレックスがあったりします。しーと普通に人語で喋っていることもあり、ほんとんど人間さながらにネコ同士の百合が展開されています。


人間同士、ネコ同士、そして人間とネコ。いろいろな形の関係性が描かれ、不思議な世界観を形作っている作品です。


 
posted by trinder at 20:22| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする