2017年03月13日

「はるかなレシーブ」第3巻(如意自在)

如意自在さんの「はるかなレシーブ」第3巻を読みました。



背が大きいのがコンプレックスの女の子・はるかと、背が小さいのがコンプレックスな女の子・かなたがパートナーとなってビーチバレーに挑むお話です。

「はるかなレシーブ」(如意自在)/ 2巻まで


前巻で初めての大会も終わり、一息ついたころ。ビーチバレー部に入部希望者がやって来ます。彼女の名前は大城さん。実はビーチバレー自体にはそれほど興味が無く、目立ってアイドルになりたいというちょっと変わった子です。はるか達のことをいろいろ誤解していたようですが、ちゃんと入部はしてくれます。友情に飢えているっぽいので、そのあたりからの百合展開に期待でしょうか……?


この後の話では、クレア達の母親・マリッサが登場。はるか達のコーチとしてスパルタ指導をしてくれます。マリッサによると、ビーチバレーでパートナーを組むということは結婚のようなものらしいです。

harukana3rr2.jpg

いちいちビーチバレーを恋愛に例えたがる漫画ですね。素晴らしいです。


かなたの元カノ(成美)

かなたのかつてのパートナー、成美。成美にとって、かなたは、「元彼みたいなもの」と形容される(第1巻参照)くらい親しい関係でした。

今回の第3巻では、かなたが元カノの話をしすぎてはるかにお仕置きされるという一幕も。

harukana3rr4.jpg


そして後半では、かなたと成美の過去が明かされます。小学生時代の出会いから始まり、パートナーになるまでのストーリーが丁寧に描かれています。このあたりは、友情もの・青春ものとしても良い感じ。

harukana3rr1.jpg

第1巻の頃から意味深にほのめかされてきた2人の過去ですが、ついにその詳細が明らかになった感じです。

最後はふたたび現在に戻り、かなたと成美が再会。そして、「忘れられない私たちの夏」の到来を予感させつつ終わっています。大会はもう終わったはずですが、この夏に何か大きな出来事が……?

はるかとかなたが主人公ですが、かなたと「元カノ」の関係からも目が離せない作品です。




【電子版】


 
posted by trinder at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

Kindleストアでプリキュア関連書籍が100円

Kindleストアで、プリキュア関連の本が100円になるセールが行われています。

Kindleストアをプリキュアで検索

対象になっているのは、主に児童向けに出ている絵本シリーズ(そのくらいの子供が電子書籍を読むのかという疑問がなくもないですが……)。その他、小説版なども含まれています。

  

   

  

 


ちなみにプリキュアの書籍というと、上北ふたごさんによるコミカライズ版が百合度が高くて有名です。ですが今回のセールではそちらは残念ながら対象外。というか、コミカライズ版は現在のところ、つい最近の「魔法つかいプリキュア!」しか電子化されていないようです。
 
posted by trinder at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「柚子森さん」第2巻(江島絵理)

江島絵理さんの「柚子森さん」第2巻を読みました。



小学生の柚子森さんに一目ぼれしてしまった、女子高生のみみか。柚子森さんと友達になったみみかは、やがて自分の気持ちが恋であることをはっきりと自覚します。同時に、この気持ちは(柚子森さんにも社会にも)隠しておかなければならないと考えます。そんなところまでが第1巻。

「柚子森さん」第1巻(江島絵理)


続く第2巻の前半では、みみかの幼馴染「しーちゃん」の活躍が描かれます。しーちゃんは自分がいかにみみかと親しいかをアピールし、柚子森さんを挑発。普段はクールな柚子森さんですが、しーちゃんに対しては不快感を隠しません。これはもしかして、嫉妬……?

このとき柚子森さんは、自分の気持ちをはっきりと自覚しました。そして、みみかに「好き」と告白。まさかの急展開です。

yuzumori2bb2.jpg

みみかは曖昧に同意して誤魔化そうとしますが、ついに気持ちが抑えられなくなります。そして柚子森さんに対して、友達以上の意味で好きだと伝えてしまいます。

すぐに後悔するみみかでしたが、実は柚子森さんの「好き」もそういう意味の「好き」でした。2人は両想いだったのです。


ただ、柚子森さんは1つだけ気になっていたことがありました。柚子森さんはその疑問をみみかにぶつけます。

yuzumori2bb1.jpg

「みみかって、ろりこんなの?」


実際のところ、みみか自身もその可能性は否定しきれません。ですが、ただ小さいというだけで柚子森さんが好きなわけではないのは確か。柚子森さんのすべてが好き──その正直な気持ちを、柚子森さんにぶつけます。

「中学生の柚子森さんも、高校生の柚子森さんも、大人になった柚子森さんも、きっと好きです……!」

その気持ちは、しっかり柚子森さんに届いたようです。そして、柚子森さんはみみかのほっぺにキスをします。



第2巻のストーリーは、そんなところまで。

中盤での柚子森さんの告白から、思った以上の急展開となっています。ヘタレなみみかが悶々とする展開をしばらく続けるのかと思っていたのですが、2巻目にして両想いに。すでに綺麗にハッピーエンドな雰囲気すら漂っています。でも巻末にちゃんと第3巻の予告があるのでそこは安心。

いまや百合の一大ジャンルと言っても過言ではない「おねロリ」ですが、この作品はその中でもかなり思い切った感じです。姉妹や親戚でも、先生と生徒とかでもなく、赤の他人の幼女に突然一目ぼれするシンプルな展開。細かい設定による小細工無しの、正々堂々たるおねロリです。なにげに貴重かもしれません。

漫画としては、ダイナミックなページの使い方も見どころです。顔芸のアップだけで1ページ(場合によっては2ページ)使う思い切りの良さが素敵です。柚子森さんの言動の1つ1つに大袈裟に一喜一憂するみみかの表情が面白いです。


両想いになった柚子森さんとみみかですが、今後は恋人としてお付き合いするということになるのでしょうか。いろいろ問題がありそうな気もしますが、どういう展開になっていくのか楽しみです。


 
posted by trinder at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

Kindleストアで複数出版者のコミックがポイント45%還元セール 「百合姫」「ひらり、」コミックスなど

先日から始まった電撃コミックスの半額キャンペーンに続き、Kindleストアで新たなセールが開始されています。

一迅社、新書館、竹書房、徳間書店などのコミックに45%前後のポイント還元が付いているのが確認できます。


一迅社

一迅社といえば百合姫コミックス。最新作までセール対象です。「2DK、Gペン、目覚まし時計。」4巻や、百合姫本誌の4月号などは2月に発売されたばかりなのに46%還元が付いています。

   

   

百合姫以外にも、一迅社の百合作品がいくつか。「魔女とほうきと黒縁メガネ」は「百合の世界入門」でも紹介された隠れた名作。中二病系日常4コマかと思いきや、次第に直接的なガチ百合ネタが多くなります。最終的には正式に結婚

 



ひらり、コミックス

かつて存在した百合アンソロジー「ひらり、」作品の単行本も一部に45%還元が確認できます。

 

「加瀬さん」シリーズは場所を変えつつ今でも連載中。2巻までセール対象のようです。

 


今年になって英語版が発売されて再び話題の「お姫様のひみつ」やコミカライズ版「屋上の百合霊さん」なども「ひらり、」作品でした。

 


竹書房


たまに百合漫画を出している竹書房からも、いくつかの作品がセールに。

この手のセールでもはや常連の「ラーメン大好き小泉さん」は全4巻が42%還元。



くずしろさん作の「姫のためなら死ねる」はなぜか最新の第6巻のみセールになっているのが確認できます。




徳間書店

徳間書店のリュウコミックス系作品も一部に43%還元が。平尾アウリさんの「推しが武道館いってくれたら死ぬ」は全2巻が対象。




「マザーグール」は2月発売(電子版は3月)のかなり新しい作品です。実質的前作「旧約マザーグール」まで含めてセールになっています。

 
 


ポイント還元セールのうち、現在見つけられた百合漫画はとりあえずこんな感じ。

なおセール期間は特にアナウンスされていません。ですが、他の電子書籍ストアの類似セールが3月5日または6日(出版社によって違う)なので、Kindleも同じである可能性が高そうです。気になる作品がある場合は急いだほうがいいかも?
 
posted by trinder at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

Kindleで電撃コミックが半額セール 「オンリー☆ユー 」「里山ごちそうスケッチ」など

Kindleストアで、電撃コミックス系が半額になるセールが行われています。

Kindleストア / 低価格になっている電撃コミックス


電撃と付いてればすべてセールというわけではないようですが、ラインナップは魅力的。先日のKADOKAWAセールで対象外だった作品がいくつかセールになっていることに注目です。

「強制百合!?」という素敵すぎるキャッチフレーズでおなじみ(?)、「オンリー☆ユー 〜あなたと私の二人ぼっち計画〜」も半額に。実はあまりセールにならないレア作品です。



作者のめきめきさんは、「咲-Saki-」のスピンオフ「怜-Toki-」を手がけたり、「エクレア」にも参加していました。いまや百合好きにはおなじみの作家さんですね。

【参考記事】「オンリー☆ユー ~あなたと私の二人ぼっち計画~」(めきめき)



「百合星人ナオコサン」も全5巻が半額。

  

百合星からやってきた謎の女性・ナオコサンの活躍を描く作品です。百合星人だけに百合好きですが、単なる幼女好きに見えることもしばしば……?

【参考記事】
「百合星人ナオコサン」第5巻(完結)/ kashmir



「あや〇しこ」じゃないほうの妖怪百合漫画「あやかしぃのに」も全2巻が半額セール。人間の女の子と、女の子をなめるのが大好きなあかなめの少女、という組み合わせです。

 


新米姉妹じゃないほうの料理系微百合漫画、「里山ごちそうスケッチ」は全2巻が半額。料理シーンのイメージ映像では、毎回食材が女の子に擬人化。怪しい絡みを見せます。

 


他にも探せばいろいろあるかも?

Kindleストア / 低価格になっている電撃コミックス



おまけ 竹書房とか徳間書店とか

竹書房や徳間書店の一部コミックに42%前後のポイント還元が付き始めているようです。


   
 
こちらも対象範囲などの詳細がわかったら個別記事で紹介するかもしれません。
 
タグ:電子書籍
posted by trinder at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

「新米姉妹のふたりごはん」第3巻(柊ゆたか)

柊ゆたかさんの「新米姉妹のふたりごはん」第3巻を読みました。



両親の再婚によって姉妹となったサチとあやりが、料理を通して絆を深めていくお話です。比較的お手軽ななものから、滅多にお目にかからないような凝った料理までレパートリーは多彩。

「新米姉妹のふたりごはん」第1巻(柊ゆたか)
「新米姉妹のふたりごはん」第2巻(柊ゆたか)


今回は、サチの親友である絵梨をフィーチャーしたエピソードがあります。絵梨が誰かからラブレターをもらったことを知ったサチは、絵梨がもう一緒にお昼を食べてくれないのではないかと心配です。そんなサチに、あやりは絵梨に料理をプレゼントしようと提案します。

サチ「わかった!サチ、絵梨の胃袋をつかむよ!」

なんか微妙に誤解を生みそうな表現ですが、この漫画ではいつものこと。いざ絵梨に渡すシーンもどこか告白のような雰囲気です。

sinmai3uu1.jpg


あるエピソードでは、あやりの叔母さん(あやりの母親の妹)が登場。猟師をしているらしく、ときどき珍しい肉を持って来てくれます。スキンシップ多めでちょっとだけ百合っぽいかも?


現在、作中の季節は冬のようです。ということで、こたつでアイスを食べるというちょっと贅沢なエピソードもあります。そこらの漫画では登場人物たちをダラダサさせるだけのこたつも、新米姉妹にかかれば微百合グッズに早変わり。こたつの下で足を絡ませ合います。

sinmai3uu3.jpg



最後のエピソードはクリスマス。サチとあやりがプレゼントを交換する、微笑ましいお話になっています。

sinmai3uu2.jpg

あやり「なんだか…本当に姉妹みたいですね」
サチ「姉妹だよ!ほんとに姉妹だよ、あやり」


今回も料理を通してイチャイチャする、もとい絆を深める新米姉妹が描かれています。

実際に料理を担当しているのは妹のあやりで、サチはお手伝い程度。外見上もあやりのほうが大人っぽく見えることがしばしば。ですが、明るく何事にも積極的なサチをあやりはとても頼りにしているようです。こうして不思議と上手く行っている姉妹模様がとても面白い作品です。




【電子版】


 
posted by trinder at 05:21| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

「明るい記憶喪失」第1巻(奥たまむし)

2月27日発売の「明るい記憶喪失」第1巻を読みました。



「ハートオブtheガール」で話題になった奥たまむしさんの新作です。百合多めな4コマ誌「コミックキューン」で連載中。


ストーリー

アリサとマリは、恋人どうし。ですが、アリサは記憶喪失になり3年分の記憶を失ってしまいます。マリと出会ったこと、そして恋人になったこともまったく覚えていません。

おそるおそる、病院へアリサのお見舞いに行くマリ。アリサはそんなマリを見るなり、すっかり一目(?)惚れしてしまいます。

kioku1ee1.jpg

記憶は戻らないものの、かつて自分がマリと恋人だったらしいと聞いて大喜びです。


もともと同棲していたアリサとマリは、ふたたび一緒に暮らすことになります。アリサはマリとの生活の中で、かつての2人の愛の痕跡を見つけてはドキドキです。どうやらエッチまでする関係だったらしいこともわかってきます。ですが3年分の記憶と一緒に恋愛経験も忘れてしまった今のアリサは、キスするだけでもかなりの勇気が必要で……?

kioku1ee2.jpg


感想

タイトルの通り、記憶喪失を徹底的に明るく描いた作品です。普通に考えたらかなり大変な事態のはずですが、重さやシリアスさは綺麗に排除されています。そもそもアリサが記憶喪失になった経緯すら特に説明されません。アリサの突き抜けた明るさと百合っぷりが、細かいことはすべて忘れさせてくれます。

マリのことが大好きという点だけそのままに、記憶と経験がリセットされている設定が面白いです。記憶の手がかりを探していく展開は記憶喪失ものの定番ですが、この作品の場合は出てくる記憶すべてが百合。2人も大人なので、ちょっとエッチな話や社会人百合的な要素もあります。

ちょっと変わった設定を使いながらも、とてもわかりやすく楽しい作品です。記憶喪失という設定に惹かれた人はもちろん、社会人百合が好きな人にもおすすめです。



【電子版】



電子版は現在早くもポイント還元(14%)が付いています。
 
posted by trinder at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

KindleでKADOKAWA作品にポイント42%還元 「やがて君になる」「あの娘にキスと白百合を」「新米姉妹のふたりごはん」等

Kindleストアで、KADOKAWAのコミックにポイント42%還元が付いています。

現在のKADOKAWAで百合といえば、「やがて君になる」。最新の第3巻(昨年11月発売)は、おそらく今回が初のセールです。

  

最近英語版が出たので、読み比べてみるのも楽しいと思います。

【参考記事】
「やがて君になる」第3巻(仲谷 鳰)
Bloom into You (英語版「やがて君になる」) 英単語帳


「やがて君になる」の仲谷鳰さんも参加するアンソロジー「エクレア」も42%還元です。



【参考記事】
「エクレア あなたに響く百合アンソロジー」(仲谷鳰、缶乃ほか)


KADOKAWAの百合を代表するもう一つの作品、「あの娘にキスと白百合を」も同様に42%還元。来月には最新の第6巻が出ますが、5巻がセール対象です。その後1巻も追加されました。

 

新しい巻がセールなのに旧巻が対象外ということは普通ないので、おそらくそれまでの巻もいずれセールになるものと思われます。

【参考記事】
「あの娘にキスと白百合を」第5巻(缶乃)


「新米姉妹のふたりごはん」も、最近話題の作品です。こちらは2月27日に最新の第3巻が出る予定。現在2巻までに42%還元が付いているのが確認できます。

 

【参考記事】
「新米姉妹のふたりごはん」第2巻(柊ゆたか)


人間と妖(あやかし)の交流を描く「あやかしこ」も最近注目の作品です。2巻からは人間キャラの活躍も増え、百合度上昇中。3巻が3月発売なので予習・復習にいいかも。



【参考記事】
「あやかしこ」第2巻(ヒジキ)


ちなみに、「あやかしこ」のヒジキさんの前作「リコとハルと温泉とイルカ」もKADOKAWA系。こちらも良い感じに百合してます。公式キャッチコピーすら「百合ちっく女子高生友情物語」。現在、1巻に42%還元が確認できます。





KADOKAWAで百合といえば、「ひまわりさん」ももはや定番ですね。

   

「ひまわりさん」の菅野マナミさんの短編集もセール対象。こちらも百合あり。




セール対象の中にはごく最近出たばかりの新作もあります。「ひとりぼっちの○○生活」3巻・「ふるまぷら」2巻・「ご主人様と獣耳の少女メル」1巻は1月末発売。「けものフレンズ ‐ようこそジャパリパークへ!」2巻に至っては2月発売。

    

「ガールズ&パンツァー」は2月に3冊も関連作が発売されましたが、いずれも42%還元です。

  


なぜか百合漫画を産み出し続ける4コマ誌「コミックキューン」からも、多数の作品が42%還元。

「桜Trick」のタチさんの作品「かなえるLoveSick」も対象です。



【参考記事】
「かなえるLoveSick」第1巻(タチ)


   



その他にも、KADOKAWA系の百合作品がいろいろ。まだまだ新しい作品もたくさんあります。

「北陸とらいあんぐる」は、北陸三県出身の女の子達を主人公にした作品。読むと北陸の地理に詳しくなれます。百合要素もあり。



【参考記事】
「北陸とらいあんぐる」第1巻(ちさこ)


その他にも、程度の差こそあれ百合作品がいろいろ。うっかり見逃していたかもしれない最近の作品から、過去の名作まで。近頃のKADOKAWAがいかに百合に力を入れているかがわかるセールとなっています。

  

 
  
タグ:電子書籍
posted by trinder at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする