2017年08月11日

Kindleで芳文社・白泉社作品がポイント約50%還元セール 「私は君を泣かせたい」「きんいろモザイク」「NEW GAME!」最新巻も

Kindleストアで芳文社・白泉社などの作品に約50%のポイント還元が付くセールが行われています。セール期間は明示されていませんが、他ストアの類似セールと同じだとしたら8月11日(金)〜14日(月)。

さっそくセール対象から百合漫画を探してみます。


白泉社

まずは、セールが比較的珍しいと思われる白泉社から。

白泉社の百合って最近何かあったっけ?という方もいると思いますが、5月に1巻目が発売の「私は君を泣かせたい」があります。現在、ポイント46%還元セールになっています。作者の文尾文さんは「屋上の百合霊さん」のコミカライズでもおなじみです。



【参考記事】
「私は君を泣かせたい」第1巻(文尾文)


他に白泉社だと、竹宮ジンさんの「不条理なあたし達 」なども。



西UKOさんの社会人百合「コレクターズ」。とりあえず2巻にポイント還元を確認。



仙石寛子さんのガールズラブ短編集「あなただけ宝石」。




宝塚(っぽい感じ)の学校を舞台にした「かげきしょうじょ!!」。最新の第4巻までセール対象です。




ちょっと懐かしい作品だと、「ゆりキャン 〜ゆりかのキャンパスライフ〜」も。とりあえず第1巻や5巻がセール対象になっているようです。

 

【参考記事】
ゆりキャン 〜ゆりかのキャンパスライフ〜 1巻
「ゆりキャン 〜ゆりかのキャンパスライフ〜」第5巻 (原田重光・瀬口たかひろ)



芳文社


「きらら」シリーズを擁する芳文社は百合的には大本命。今回のセールにも百合漫画がいろいろありそうです。

まず「きんいろモザイク」は、7月末に発売したばかりの最新第8巻もセール対象。発売日に買った人(私含む)涙目?

  

【参考記事】
「きんいろモザイク」第8巻(原悠衣)


アニメ第2期も話題の「NEW GAME!」もセールに。ほとんどの巻に45%前後のポイント還元が付いています。今年6月発売の第6巻も対象。

  

「NEW GAME!」はアンソロジーも対象です。作家陣には百合に縁のある人が多く、特に「あの娘にキスと白百合を」の缶乃さんに注目です。



「NEW GAME!」の画集も。定価2700円からのポイント46%還元ということで1250ポイントもらえます。




2018年にアニメ化が予定されている「ゆるキャン△」。7月発売だった第4巻まですべてセール対象です。

 


こちらもアニメ化決定で話題の「はるかなレシーブ」。とりあえず1巻・3巻にポイント還元を確認しました。

 

【参考記事】
「はるかなレシーブ」(如意自在)1・2巻
「はるかなレシーブ」第3巻(如意自在)


こちらもアニメ化する「スロウスタート」。6月発売の第4巻がセール対象です。




こっちもアニメ化の「こみっくがーるず」。6月発売の3巻目もセール対象です。

 


今年3月に第1巻が発売でまだまだ新しい「黒髪巫女とマリアウィッチ」。ヤマトナデシコな巫女さんと魔法使いな姉妹のイチャイチャを描きます。




今年2月に第1巻が出た「夢見るプリマ・ガール!」。作者の昆布わかめさんは、最近コミックキューンで始まった「世界で一番おっぱいが好き!」でも話題です。




チアリーディングものの「アニマエール!」。こちらも今年2月に1巻目が発売でした。主人公と親友が結構良い感じ。百合を狙ったと思われる小ネタもちらほら。作者の卯花つかささんは「天秤は花と遊ぶ」などでも(賛否あるものの)魅力的な百合を描いていました。



【参考記事】
芳文社セールから未紹介作品を特集 「黒髪巫女とマリアウィッチ」「夢見るプリマ・ガール!」「アニマエール!」など


「きらきら☆スタディー〜絶対合格宣言〜」は、5月発売の2巻目まで対象。受験勉強ものですが、主人公と親友のイチャイチャがメイン。主人公が勉強をしているのは親友と同じ大学に行きたいから。さらに作中、親友がそんなに難しい大学を目指しているのは将来主人公を養うためだということが判明します。

 


もはや定番の「桜Trick」は、最新の第7巻や第5巻などにポイント還元を確認。今後他の巻も追加されることに期待しましょう。

 

【参考記事】
桜Trick 第5巻(タチ)
「桜Trick」第7巻(タチ)


キスで体を入れ替えられる女の子2人を描く「すわっぷ⇔すわっぷ」。キスするたびに恥ずかしがったり、逆に抵抗がなくなってきたことに焦ったりするのが微笑ましいです。全2巻がセール対象。

 

【参考記事】
「すわっぷ⇔すわっぷ」第1巻(とめきち)
「すわっぷ⇔すわっぷ」第2巻(とめきち)


かつて存在した百合アンソロジー「つぼみ」出典の作品もいくつかセールになっているようです。

   

   

  

つぼみシリーズのうち、「ベツキス」あたりは早すぎた百合吸血鬼ものとして再評価されてもいい……ような気がしなくもないかも?最近百合吸血鬼もの本当に増えましたしね。



ちなみに「つぼみ」を代表する作品の1つだった「星川銀座四丁目」は現在はKADOKAWAから新装版が出ています。芳文社版が全3巻だったのに対し、新装版は全2巻。当然ながら芳文社セールは適用外ですが、現在たまたま半額キャンペーン中のようです。

 


他にも百合要素のある漫画がいろいろ。

  

   

 

  

   

   

   

【参考記事】
けいおん! highschool (かきふらい)
「トモダチヅクリ」第1巻(GAGAGA)
「双角カンケイ。」第1巻(タチ)
「かなめも」第1巻・2巻
 
セール対象はまだまだ増えそうです。また何か新しく見つけたら追記しようと思います。
 
ラベル:電子書籍
posted by trinder at 20:08| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ヤマノススメ」第14巻(しろ) ついに百合目到達

8月11日は山の日です。だからというわけではありませんが、「ヤマノススメ」第14巻の感想です。



今回序盤は、一話完結のショートエピソードになっています。ウォーキングの話だったり、富士塚(富士山を模した小さな丘)の話だったり。受験生である3年生組の気分転換を描いたお話もいくつか。

そうこうしているうちに、(ごく一部の)読者が待望したあの回になります。


百合目

この漫画は話数を登山になぞらえて「〇合目」で数えています。一合目、二合目、三合目……と続いて、この巻の中でついに百合目に到達します。

yama14yy1.jpg

文字面的に、いろいろ期待せざるを得ません。

さてそんな百合目がどんなストーリーかというと。

あおいのお父さんが折りたたみ式ロッキングチェアを買ってきます。高い買い物なのでお母さんに怒られます。

たなぼた的に、そのロッキングチェアはあおいが使うことになります。そこにひなたが現れます。

yama14yy2.jpg

これはもう期待せざるを得ませんね。ロッキングチェア百合という新ジャンルが始まるに違いありません。いったいこのロッキングチェアを使ってどんな百合展開が待っているのでしょう。


……が、特に何もありませんでした。

その後あおいのお母さんも機嫌を直し、お父さんが高い買い物をしたことを許してあげたのでしとさ。めでたしめでたし。

次は二百合目に期待しましょう。



丹沢山


後半は結構本格的に登山漫画です。日本百名山にも選ばれている「丹沢山」に挑戦することになります。

パーティーはあおい、ひなた、ここな、ほのか。最近変則パーティーが多かった気がしますが、ちょっとひさしぶりに本来のレギュラーがそろった気がします。あおいが少しバテるシーンがあったり、登山の大変な面も描かれます。初期のノリが戻って来た感じ。

百合的に注目は、ここなとほのか。あおい&ひなたの描写が初期と比べて落ち着いてきたのに代わって、最近わりと力を入れて描かれている2人です。


早朝に山小屋を抜け出して、日の出を見ていたほのか。そこに、ここなが現れます。ここないわく、「ほのかさんいついていけば、いい景色見れるかなって」。

短いシーンながらも、強い信頼関係がうかがえます。

yama14yy3.jpg


ちなみにそのころ山小屋では。ほのかとここなが2人で抜け出したのは、かけおちだと思われていました。

yama14yy4.jpg

やはりこ2人は普段からそういう関係だと思われているのでしょうか……?

 
 
ラベル:ヤマノススメ
posted by trinder at 12:06| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「かみつき学園」第1巻(キダニエル)

キダニエルさんの「かみつき学園」第1巻を読みました。




吸血鬼のような特性を持つ「エピキュリアン」と呼ばれる種族が、「ニンゲン」を支配している世界。

梅田雫(うめだ しずく)は、エピキュリアンのための学校「神月学園」の新入生です。ここでは、生徒一人につき一頭のニンゲンが支給されます。表現だけ聞くとモノのような扱いですが、実際には血液(=食料)の供給源として大切にし、愛することが推奨されています。

雫に支給されたニンゲンは、凛とした美少女でした。

kamituki1www1.jpg

彼女はエピキュリアンに徹底して従順な態度を取り、「家畜一号」を自称しています。

雫はさっそく「お食事」を勧められますが、いざとなるとこの美しいニンゲンから血を吸うことを躊躇してしまいます。ですがあくまで従順に血をさしだそうとする彼女に、雫もついつい欲望のタガが外れて……?

kamituki1www2.jpg



エピキュリアンとニンゲンの、ちょっと不思議な補完関係を描いた作品。

作中では「エピキュリアン」と呼ばれていますが、基本的には吸血鬼そのものです。吸血鬼百合自体は最近ちょくちょく見るようになりましたが、この作品の場合は吸血鬼側がすでに社会の中心になっているのが特徴的。

吸血鬼に合わせて作られた社会の中、ニンゲンは所有され、可愛がられる対象です。すでにそういう社会構造として安定しているらしく、作中を見る限りは特に争いなどはないようです。

吸血鬼優位の世界という舞台設定がニンゲンとの関係にどのような影響を与えるか、百合的にも注目です。

他にも百合を盛り上げる設定がいろいろ。例えばエピキュアンはニンゲンにときめきを感じるほど血をおいしく感じ、さらに自身の能力が向上したりするようです。

kamituki1www3.jpg

もはや社会道徳レベルでエピキュアン×ニンゲンの百合が推奨されているといっても過言ではないでしょう。

雫たち以外にも、複数のカップル(?)が登場します。こちらも次巻以降の掘り下げが期待できそうです。



【電子版】
posted by trinder at 06:37| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

Kindleで秋田書店のコミックがポイント50%還元セール 「フラグタイム」「となりのロボット」「ゆりめくるお仕事 」など

Kindleストアで、秋田書店のコミックにポイント50%還元が付くセールが行われています。

【50%ポイント還元】 秋田書店キャンペーン

セール期間は8/10(木)〜8/20(日)。

以下ではセール対象の中から、百合要素がある作品を探してみました。


「フラグタイム」は全2巻が対象。

 

【参考記事】
フラグタイム 第1巻
フラグタイム 第2巻(完結)/ さと


同じくさとさん作の「空想少女」も。SF系百合短編集で、どの話も非常に独特の舞台設定がされています。




海月れおなさんの「ゆりめくる日々」もポイント50%還元中。「ゆりめくるお仕事 」はその続編ですが、後半からはパラレルで、「もしこの2人が○○のお仕事をしたら」みたいなお仕事シリーズになっています。

 


西UKOさん作の「となりのロボット」。




「サエイズム」は全4巻が対象。

 


ゾンビ百合?という新ジャンル「花と嘘とマコト」。公式によると「センチメンタル・サマー・ガールズ・ショート」とのこと。




最近流行のごはん系百合漫画「ふたごはん 〜ふたりでゆる楽 しあわせレシピ〜 」。作者さんご自身の紹介によると「ちょっぴり百合で、たっぷりレシピ」とのこと。




「百合探偵ユリアンズ」。こんなのあったんですね……。




速野悠二さん作の「バージン・ロープ」「みのりスキャンダル」もそれぞれセール対象。タイトルと表紙からは伝わりづらいですが百合……のようです。

 


「板谷さんと牛山さん」。巨乳な女子高生が、貧乳な整体師さん(見た目子供)に恋をします。




「聖闘士星矢」のスピンオフ「セインティア翔」も。本編のヒロインである沙織(女神アテナ)の身の回りの世話や護衛をする「聖闘少女(セインティア)」たちを描いています。主人公とヒロインが女性、ストーリーのきっかけは姉妹愛……という感じで(百合かはともかく)女の子率高めです。現時点で全9巻もあるので体感的には今回のセールの中でも特にお得かも?

  


探せば他にも百合漫画があるかもしれません。

【50%ポイント還元】 秋田書店キャンペーン
posted by trinder at 06:55| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

Kindleで講談社・幻冬舎作品がポイント約50%還元セール 「ふたりモノローグ」「さよならジュリエッタ」など

Kindleストアで、講談社と幻冬舎の作品に約50%のポイント還元が付くセールが行われているようです。セール期間は明示されていませんが、他ストアの類似セールと一緒なら8/4(金)〜8/7(月)。

【追記】講談社作品のみ、8/9(水)限定で再び半額セールになるようです(こちらも他ストアの類似セールの影響と思われます)。


かなり新しい作品まで対象です。なんと、7月28日発売だった「ふたりモノローグ」1巻もセール対象。ポイント46%還元が付いています。



【参考記事】
「ふたりモノローグ」第1巻(ツナミノユウ) / ドラマ化も決定!
実写ドラマ版「ふたりモノローグ」第1話


7月7日発売の第3巻で完結した「さよならジュリエッタ」も。1巻が半額セール、2巻と3巻がポイント46%還元なのが確認できます。

 

【参考記事】
「さよならジュリエッタ」1巻(道明宏明)


4月発売の「将来的に死んでくれ」も講談社なのでセール対象。



【参考記事】
「将来的に死んでくれ」(長門知大)



「DNAは教えてくれない」は3月発売の第2巻にポイント46%還元を確認。




「ハルユリ」は1巻が半額、2巻がポイント46%還元。

 

【参考記事】
「ハルユリ」第1巻(ななつ藤)
「ハルユリ」第2巻(完結)/ ななつ藤


百合漫画史上に残る傑作と言われつつも、同時に様々な物議も醸し出した「オクターヴ」。一部の巻にポイント46%還元が付き始めています。

  

【参考記事】
オクターヴ 第2巻
オクターヴ 第5巻
オクターヴ 第6巻


「柚子森さん」の江島絵理の前作「少女決戦オルギア」。全3巻がセール対象入り。

  


公称ジャンル名「神と人のせつない百合ファンタジー」な、「私も世界を終わらせたい」。第1巻が半額セール、第2巻がポイント還元になっています。

 


「彼女とカメラと彼女の季節」はとりあえず第1巻・5巻がセール対象のようです。

 


「新世界より」のコミカライズ版。青少年の同性愛が社会的に推奨されているという設定があり、濃い百合描写があります。百合度は巻によりバラつきがありますが1巻、3巻、5巻あたりがみどころ。その中だと3巻と5巻がセール対象入りしているのが確認できます。

 

【参考記事】
「新世界より」第1巻(原作:貴志 祐介 漫画:及川徹)
漫画版「新世界より」(貴志祐介・及川徹)第2巻・3巻
漫画版「新世界より」(貴志祐介・及川徹)第5巻

なお、原作小説も現在セール中のようです。上中下のうち上と下にポイント46%還元が付いています。

 


「魔法先生ネギま!」もポイントが付き始めています。基本ショタ系主人公によるハーレムですが、メインキャラに百合カップルあり。百合的みどころは4、5、6、28、37巻あたりですが、まだこのあたりの巻はセール対象ではない模様?あと内容は未確認ですが続編の「UQ HOLDER!」もセールになっています。

 

【参考記事】
魔法先生ネギま!  〜 このせつ年表 〜


「校舎のうらには天使が埋められている」は1巻・2巻が無料キャンペーン中。残りの巻はポイント46%還元です。

  


少女漫画雑誌「なかよし」で連載された奇跡の百合漫画「野ばらの森の乙女たち」。当時は「りぼん」連載の百合漫画「ブルーフレンド」と人気を二分しました。全2巻がセール対象です。



【参考記事】
「野ばらの森の乙女たち」第1巻
「野ばらの森の乙女たち」 第2巻


「魔法使いプリキュア!」全2巻にポイント還元が確認できます。なお、これより過去のプリキュアシリーズの漫画版はそもそも電子書籍化されていないようです。

 


最近続編が始まって話題の「カードキャプターさくら」。従来の原作漫画本編と新作「クリアカード編」がセール対象になっています。原作漫画版では、知世は明確にさくらに恋愛感情を抱いています。アニメ版ではカットされた「わたしも、さくらちゃんが大好きですわ。きっと、さくらちゃんとは違う意味での『好き』ですけど」という台詞に注目。

 

【参考記事(注:英語版)】
英語版カードキャプターさくら(Cardcaptor Sakura)


「なかよし」本誌も講談社ということでポイント還元が付き始めているようです。プリキュアシリーズとか「さばげぶっ!」とか「カードキャプターさくら」とかありますし、試しに読んでみてもいいかも?

  


幻冬舎作品

ここまでが講談社作品ですが、幻冬舎の作品もいくつかにポイント46%還元が付いているのが確認できます。

幻冬舎といえばまずはこれ、「ふたりべや」は全4巻がセール対象です。

  

【参考記事】
「ふたりべや」第4巻(雪子)/ メロンブックス限定アンソロジー


同じく雪子さん作の百合短編集「おねだりしてみて」も対象です。



【参考記事】
おねだりしてみて(雪子)


アニメ化で話題の「このはな綺譚」もポイントが付き始めています。現在、第3巻にポイント46%還元が確認できます。同じく天乃咲哉さんの「御伽楼館」も。


 

その他にも、幻冬舎の百合作品がいくつかセール対象になっています。





セール対象はまだまだ増えそうです。また何か新しく確認できたら追記しようと思います。
 
なお作品によって各巻のセール開始時期にタイムラグがある場合があります。目当ての巻がセール対象から外れている場合も、少し待ってみるといいかも。
 
ラベル:電子書籍
posted by trinder at 22:14| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「聖へき†桜ヶ丘」第1巻(夕仁・里好)

里好さん原作・夕仁さん漫画の「聖へき†桜ヶ丘」第1巻を読んでみました。7月27日発売の作品です。




佐藤菜乃(さとう なの)は、清らかな学園生活に憧れ、お嬢様学校である桜ケ丘学苑に入学しました。

sakuraga1ww1.jpg

しかし、菜乃にはある特殊能力がありました。それは、他人の顔を見るだけで性癖を察知する能力。他人の性癖が文字通り「顔に書いてある」のが見えてしまうのです。その能力のせいで、菜乃はこのお嬢様学校が変態だらけだったことに気付いてしまいます。

特に危険なのが、上月契(かみつき ちぎり)と、伊丹このみ(いたみ このみ)。2人とも生徒たちの憧れの的で、ハタから見ると百合な関係にしか見えません。

sakuraga1ww2.jpg

ですが、実は上月さんは「人喰い」の性癖持ち、そして伊丹さんは「超ドM」の性癖持ち。幸か不幸か相性バッチリです。このまま2人を放っておくと校内で大事件が起こってしまう予感……?


菜乃は、性癖察知の能力を神父さんに見込まれ、治安維持のために働くことになります。とりあえずの任務は上月さんと伊丹さんの監視。この2人は目を離すとすぐにイチャイチャ、カプカプを始めます。

学園内には他にも隠れ変態がいっぱい。果たして菜乃は女の子達の特殊性癖を更生させ、学園の平和を守ることができるのでしょうか……?



相手の性癖が見えるという全然うれしくない特殊能力を持った女の子が主人公。その力で学園の平和のために働くという奇抜な設定です。

舞台が女子校ということで、全体的にうっすら百合な雰囲気が漂っています。特に上月さんと伊丹さんは性癖の合致を抜きにしても惹かれ合っているように見えます。

ちなみに上月さんの性癖が「人喰い」となっていますが、今のところイチャつきながら甘噛みしている程度です。

sakuraga1ww3.jpg

決してグロ的なシーンは(今のところは)ないのでそこは安心。


また、サブキャラの女の子達の性癖も個性的です。踏まれたいとか、露出狂だとか。どれも現状はまだ可愛い範囲ですが、放っておくとエスカレートしかねない感じ。とりあえずの解決策として「菜乃を相手に性癖を発散してもらう」となる展開が多いので、ここも見ようによっては百合かも……?




【電子版】

 
posted by trinder at 20:57| Comment(1) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

KindleでGA文庫系ラノベがポイント50%還元セール 「魔女の旅々」「スライム倒して300年〜」「剣士を目指して入学したのに〜」 など

Kindleストアで、「GA文庫」「GAノベル」にポイント50%還元が付くセールが行われています。このレーベルのライトノベルならほとんどの作品が対象になっているようです。

Kindleストア / GA文庫・GAノベル一覧

私は実はあまり小説は詳しくないのですが、百合要素がある(と言われている)作品を頑張って探してみました。

まずは「魔女の旅々」。全4巻とも50%還元です。

   

関連作「リリエールと祈りの国」もセール対象です。




「スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました」も全3巻がセール対象。

  

「剣士を目指して入学したのに魔法適性9999なんですけど!? 」も全3巻が対象。

  


台湾の地下鉄「高雄メトロ」のイメージキャラクター達を使ったライトノベル「進め! たかめ少女 高雄ソライロデイズ。」なんてのも。百合的にも結構注目されているようです。こちらもポイント50%還元。


 

(私含め)百合ラノベに興味があるけどこれまで読む機会がなかった方は、今回のセールを利用してみてはいかがでしょうか。
 
posted by trinder at 05:15| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

Kindleで「ブルーフレンド」「青春はゾンビでした」1巻が無料配信中

Kindleストアで、えばんふみさんの「ブルーフレンド」「青春はゾンビでした」の各1巻が無料配信中です。8/1〜8/14の期間限定。

 


「ブルーフレンド」は、2010〜2011年頃に少女漫画誌「りぼん」で連載された百合漫画。女児向け雑誌にも関わらず、女の子同士の恋愛をはっきりと描いていることで話題を呼びました。当時のコミックの帯は完全に百合好き層を狙い撃ち。

bf2re.jpg


同じ作者さんの「青春はゾンビでした」1巻には、番外編「ブルーフレンド〜虹色の彼女〜」が収録されています。こちらは「ブルーフレンド」本編からは独立した内容になっており、女の子同士の恋愛感情を描いていること以外につながりはありません。

ちなみに「青春はゾンビでした」自体はべつに百合ではないのであしからず。ブルーフレンドの番外編がオマケ的に収録されていることに気づいていなかった人もいるかと思うので、興味があればぜひこの機会に。


【参考:当時の参考記事】
ブルーフレンド
ブルーフレンド 第2巻
ブルーフレンド 第3巻
 
posted by trinder at 22:27| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする