2017年07月22日

「賭ケグルイ妄(ミダリ)」第1巻(河本ほむら / 柊裕一)

アニメも放映中の「賭ケグルイ」。今回は、「賭ケグルイ双」「賭ケグルイ(仮)」などに続く新たなスピンオフ「賭ケグルイ妄(ミダリ)」を紹介します。



「賭ケグルイ」本編に登場するキャラクター・生志摩妄(いきしまみだり)をフィーチャーした内容です。ただし必ずしも妄の視点は多くなく、濡羽綾女(ぬれば あやめ)という女の子が主人公のような扱いになっています。


作品の舞台はおなじみ、私立百花王学園。ここではギャンブルの強さですべてが決まります。濡羽綾女は、クラスメイトとのギャンブルの負けがこみ1000万円もの借金を抱えていました。とても払える金額ではなく、綾女は校舎の屋上からの飛び降り自殺を図ろうとします。そこに現れたのが、生志摩妄。

kakemidari1dd2.jpg

妄は、綾女がこのまま飛び降りて死ねるかというギャンブルを持ち掛けます。そして綾女が間一髪で妄の手をつかんだことで、自殺はひとまず思いとどまることになりました。

妄は綾女のことが気に入ったのか、以後たびたび綾女の前に現れるようになりました。綾女は、妄に煽られる形でたびたび危険なギャンブルに挑戦する破目に。

普段は気弱で大人しい綾女ですが、極限まで追いつめられると下衆でドSな一面を覗かせます。そしてそれが鍵となって勝利を重ねていきます。妄が綾女につきまとっているのは、彼女のそんな隠れた一面を見抜き、評価しているからにも見えました。妄は、自分が委員長を務める美会員に綾女を誘います。

kakemidari1dd1.jpg

「一緒に楽しもうぜ!」

そんなどこかの麻雀漫画の主人公のような台詞で、綾女を誘う妄。最初は気乗りしていなかった綾女ですが、果たして……?


そんな感じの、「賭ケグルイ妄(ミダリ)」第1巻。

タイトルに「妄」とついていますが、実質的な主人公は綾女。彼女の視点から妄のエキセントリックぶりを描いたような作りになっています。

リスク好きの危ない人というイメージが強い妄ですが、本作では(結果的にせよ)綾女を救う形になっています。そういえば「賭ケグルイ」本編でも、自分1人で貪欲にリスクを求めることで(結果的にせよ)周囲の人を助けていることが多かったように思います。ああ見えて実は学園きっての人格者である可能性も……?


百合要素

男性キャラはまったくといっていいほど登場せず、女の子同士の絆や確執がメインとなっています。そういう意味では「双」以上に百合的に期待できるかもしれません。

とりあえずは、主人公格の綾女と妄に注目でしょうか。綾女の隠された本性に惹かれる妄は見ようによっては百合っぽいかも。半分ネタですが、わりと直接的に百合を狙ったカットもあります。

kakemidari1dd4.jpg

一方で綾女の妄への気持ちがどう変化していくのかも気になるところ。


また、後半の敵として登場する羽々切直愛(はばきり なおえ)というキャラも注目です。生真面目な性格の美会員副委員長で、委員長なのに仕事をしない妄に反感を抱いています。

……かと思いきや、実は妄に懸想していることが明らかになります。

kakemidari1dd3.jpg

「この私があんな女に懸想しているなんて」

思わず懸想を辞書で調べてしまいました。

け‐そう〔‐サウ〕【懸想】
[名](スル)《「けんそう」の撥音の無表記》思いをかけること。恋い慕うこと。けしょう。「ひそかに懸想している」
出典:デジタル大辞泉

副委員長という立場上レギュラー出演が期待できそうなので、今後の活躍にも注目です。
 
  
 
ラベル:賭ケグルイ
posted by trinder at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

「アフターアワーズ」第2巻(西尾雄太)

西尾雄太さんの「アフターアワーズ」を第2巻まで読みました。



エミは、前の仕事を辞めてちょっと自分探し中な感じの女の子。友人に連れられて行ったクラブでケイという綺麗なお姉さんと出会い、意気投合。そのままケイの家に行って一緒に寝るほどの仲になってしまいました。

それまでクラブにそれほど馴染みのなかったエミですが、DJをしているケイの姿に心惹かれます。さらには飛び入りでVJ(映像担当)をさせてもらったことで、ますますこの世界に入り込んでいきます。

そんなところまでが第1巻の内容でした。




続く今回の第2巻では、エミはケイとともに自分たちのイベントを企画します。クラブ仲間を説得し、少しずつイベントの実現へ近づいていくエミとケイ。

一方、エミはこれまで曖昧にしてきた過去の恋愛を清算しなければと考えるようになります。ケイと、きちんと付き合うために。


第1巻でもそうでしたが、クラブイベントに関する描写が非常に詳細です。私含め、普段そういった世界に縁のない人には興味深いところだと思います。

百合的にもしっかり進行しており、エミがケイに恋愛感情を抱いていることがはっきりと描かれています。第1話のときのように勢いだけではなくて、じっくり考えたうえで結論を出している感じです。愛し合うシーンもかなり長めのページを使って丁寧に描かれています。

afterhours2bb1.jpg


果たして2人のイベントは成功するのか。エミとケイの関係はどうなるのか。エミは就職できるのか本当にやりたいことを見つけられるのか。次巻も楽しみです。



【電子版】



ちなみに、なんと英語版も発売されています。



こちらも後日紹介してみたいと思います。
 
posted by trinder at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Kindleで百合姫本誌がポイント85%還元セール&百合姫コミックスは50%還元 / 無料お試し版百合姫も配信開始

Kindleストアで、コミック百合姫関連作品のセールが行われています。セール期間は、他ストアの類似セールと同じだとすると7月31日(月)まで。


百合姫本誌

まず、百合姫本誌のバックナンバーにポイント85%還元が付いています。かなり最近の号まで含まれており、2017年8月号(6月17日発売の号)まで対象のようです。

  

  


百合姫コミックスもポイント50%還元セール
 
百合姫コミックスには、ポイント50%還元が付いているのが確認できます。当初は数が少なかったのですが、だんだん増えているようです。

   

   

   

    

   

   

   

   

   

   

他にも多数の百合姫コミックスがポイント50%還元月に付きになっています。セール対象はだんだん増えているようなので、定期的にチェックしてみるといいかもしれません。

Kindleストアを百合姫コミックスで検索

セール期間は7月31日(月)までです。
 

無料お試し版

セールとは別ですが、7/18より無料お試し版百合姫の配信開始されました。「ほんのり百合姫」と「えっちな百合姫」の2種類。収録作は比較的最近のものが中心なので、現在の百合姫を手軽に知れる良い機会になりそうです。

 

ちなみに収録されているのは必ずしも第1話ではなく、読者の興味を惹くような回を選んで収録している場合もあるようです。
 
ラベル:電子書籍
posted by trinder at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

Kindleでコミックアライブ作品が半額セール「あの娘にキスと白百合を」「あやかしこ」「ひまわりさん」/ 「星川銀座四丁目」も

Kindleストアで、コミックアライブ関係を中心としたKADOKAWA作品が半額セールになっています。期間は/14(金)から7/27(木)まで。

Kindleストア / 【50%OFF】アライブ11周年祭


コミックアライブで百合作品といえば、まずは「あの娘にキスと白百合を」。今年3月発売の最新巻までしっかり半額です。

  

  

【参考記事】
「あの娘にキスと白百合を」第6巻(缶乃)


「あやかしこ」もコミックアライブです。今年3月発売の第3巻まで半額。

  

【参考記事】
「あやかしこ」第3巻(ヒジキ)

ちなみに最近、「コミックキューン」への移籍が発表されました。キューンの百合度がさらに加速しそうな予感です。



「ひまわりさん」も全巻半額。

  


ちょっと変わった題材だと「カーグラフィティJK」なども。

 

【参考記事】
「カーグラフィティJK」(さきしまえのき)2巻まで

現在、2巻まで半額が確認できます。3巻は今年5月発売で新しいので対象外かも?


名作「ささめきこと」も全9巻が半額になっています。

  


コミックアライブとの関係性は不明ですが、玄鉄絢さんの「星川銀座四丁目」も半額セールになっているのが確認できます。元々は芳文社の「つぼみ」で連載された作品ですが、現在は新装版が上下巻構成でKADOKAWAから出ています。

 


その他にも、百合っぽい作品があるかも……?



  
 

Kindleストア / 【50%OFF】アライブ11周年祭
 
ラベル:電子書籍
posted by trinder at 05:47| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

「柚子森さん」第3巻(江島絵理)

江島絵理さんの「柚子森さん」第3巻を読みました。



小学生の柚子森さんを好きになってしまった女子高生・みみか。相手が相手だけにいろいろ悩んだりもしましたが、みみかはついに自分の気持ちを伝えます。そして実は柚子森さんもみみかに好意を抱いており、2人はお付き合いを始めることに。そんなところまでが第2巻の内容。

「柚子森さん」第2巻(江島絵理)


付き合い始めた今でも、みみかは柚子森さんのあまりの可愛さに圧倒されています。ちょくちょく挙動不審になり、ふやけきった表情を晒しがちです。可愛さに耐性をつける特訓、というよくわからないことを始めたりも。いろんな衝動とか欲望を抑えるだけでも大変なようです。

yuzu3ee2.jpg


一方、今回からは柚子森さんサイドからの描写が大幅に増えています。柚子森さんのほうもちゃんとみみかが好き、ということがモノローグでたびたび語られるようになりました。

yuzu3ee1.jpg

柚子森さんは親が忙しくてあまり家にいないこと、学校でほとんど友達がいないことなども描写されています。

また、柚子森さんのクラスメイトのりりはという女の子が登場。柚子森さんに「大切なものを奪ってやる」みたいな予告しています。

yuzu3ee3.jpg

みみかを奪うという意味だとしたら、百合的に修羅場の予感……?ろりこん疑惑のあるみみか的には幼女に囲まれて役得展開になる可能性も無いではないですが。


女子小学生と女子高生のお付き合いをコミカルに描いています。基本的にはギャグ寄りな作風ですが、付き合い始めの恋人たちを思った以上に丁寧に描写している感じです。

以前からコマを贅沢に使った顔芸が印象的でしたが、今回作者さんのコメントで意識的なものであることが語られています。「大ゴマ連発するの超気持ちいい」とのこと。

ややシリアスっぽい展開も示唆されていますが、今後のみみかと柚子森さんがどうなっていいくのか楽しみです。


 
ラベル:柚子森さん
posted by trinder at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

Kindle / Kindle Paperwhite / Kindleマンガモデル の各本体が最大64%OFFセール

百合……と直接関係はないのですが、Kindleで百合漫画を読んでいる人もいると思うので紹介してみます。

本日7/10から明日7/11にかけて、Amazonでプライムデーという大規模セールが行われています。目玉の一つなのが、電子書籍リーダー「Kindle」シリーズの本体が大幅値引きされていること。

基本モデル「Kindle」は5500円引き(64%OFF)で3480円で販売中。



より読みやすい画面になった上位版「Kindle Paperwhite」は、7300円引き(51%OFF)で6980円。



発売当時ちょっとだけ話題になった漫画特価モデルは、7300円引き(45%OFF)で8980円。



(リンク画像上はセール価格が反映されていないように見えるかもしれませんが、実際にはきちんと値引きされています)


最近はKindleストアで大規模セールが多いので、百合漫画がたまってきているという人もいるかと思います。スマホやタブレットでも読めますが、容量を圧迫したり動作が重かったりしがちです。この機会に、専用端末でスムーズに楽しむのを検討してみてもいいかもしません。

【参考記事:現在開催中のKindleストアセール】

Kindleでまとめ買い50%OFFセール 「桜Trick」「きんいろモザイク」「ハートオブtheガール」等(7/11まで)

Kindleで幻冬舎作品ポイント50%還元セール 「ふたりべや」「このはな綺譚」他/ フラッパー作品も半額セール(7/13まで)
 
posted by trinder at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Kindleで幻冬舎作品ポイント50%還元セール 「ふたりべや」「このはな綺譚」他/ フラッパー作品も半額セール

Kindleストアで、幻冬舎作品にポイント50%が付くセールが行われています。セール期間は7/13まで。

Kindleストア / 【50%ポイント還元】幻冬舎・幻冬舎コミックスフェア

個人的には、幻冬舎で百合といえばまずは「ふたりべや」。最新の第4巻までセール対象です。

   

【参考記事】
「ふたりべや」第4巻(雪子)/ メロンブックス限定アンソロジー


同じく雪子さんの短編集「おねだりしてみて」も50%還元中。



【参考記事】
おねだりしてみて(雪子)


アニメ化で話題の「このはな綺譚」シリーズも最新の第5巻までセール対象。

  

百合姫S連載時代の「此花亭奇譚」も幻冬舎から新装版として出ているため、今回のセール対象に含まれます。

 

同じく天乃咲哉さんの「御伽楼館」も。

 


その他にも百合っぽい作品がいくつか。

   

 

漫画ですらありませんが、変わり種だと「女子高(女子中)制服百科」なんていうのも。

 

タイトル通り、日本全国の女子高(女子中)の制服を可愛い女の子の絵で紹介している本です。観賞用、あるいは資料用でしょうか。ただ、合間のページに描いてあるイラストが意外と百合っぽかったりします。



コミックフラッパー作品も半額セール中です。こちらもセール期間は7/13まで。

Kindleストア / 【50%OFF】フラッパー感謝祭2017

フラッパー関連作品すべてが対象というわけではないようですが、百合作品がいくつか含まれます。

フラッパーで百合といえば、まずは伊藤ハチさんの名作「小百合さんの妹は天使」。全巻半額です。

   

【参考記事】
「小百合さんの妹は天使」第4巻(最終巻)/ 伊藤ハチ


その他にも、探せば百合っぽい作品がある……かも?

 

【参考記事】
「ちおちゃんの通学路」(1〜4巻)


なお他に現在開催中のセールだと、まとめ買い50%OFFセールがあります。こちらは7月11日まで。

【参考記事】

Kindleでまとめ買い50%OFFセール 「桜Trick」「きんいろモザイク」「ハートオブtheガール」等

 
posted by trinder at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

エクレア blanche あなたに響く百合アンソロジー

だいぶ遅くなりましたが、「エクレア blanche あなたに響く百合アンソロジー」の感想です。



ちなみに公式略称は「エクレア白」らしいです。


「花に嵐」(フライ)

今回の表紙になっている2人のお話。

ずっとお隣どうしだった幼馴染が、遠方の大学への進学を決意。2人は離れ離れに……?そんなストーリー。

コミカルで微笑ましい感じで始まったと思ったら、非情なほどにあっけない幕切れ。短いながらも、切なく強く印象に残る作品です。


「いつだって横顔」(仲谷鳰)

「やがて君になる」でおなじみの仲谷鳰さんの作品。

アイドルの「りーり」に夢中なみのりと、その親友の紗希。紗希はみのりに合わせて「りーり」のファンをしています。でも本当に好きなのは、夢中になっているみのりの横顔を見ること。

eku2ee1.jpg

ちょっと不思議なタイトルですが、内容を読むと「なるほど」という感じでした。こういうちょっとした一瞬をテーマにした作品を読めるのも、アンソロジーというか短編ならではですね。


「ことりとブラシェール」(伊藤ハチ)

「小百合さんの妹は天使」「月が綺麗ですね」等で有名な伊藤ハチさんの作品。普段からおねロリを得意とする作家さんですが、今回のは来るところまで来てしまっている感じです。

大学生の「ちぃちゃん」は、小学4年生のことりとお付き合いをしています。しかもちぃちゃんのほうから告白したようです。

eku2ee2.jpg

そこはかとなく犯罪臭がしなくもないですが、女同士なので問題ありません。問題ないはずです。

ストーリーとしては、ちぃちゃんがことりに付き合って「はじめてのブラ」を買いに行きます。買った後は、初めて付けるところを見たいとお願いしたり。子供の成長と百合を上手く組み合わせた、爽やか?で健全?なお話でした。


「ソフレ進化形」(奥たまむし)

「明るい記憶喪失」「ハートオブtheガール」等でおなじみ、奥たまむしさんの作品。

ソフレ(『添い寝フレンド』の略らしい)をテーマにした珍しいお話です。でもソフレという関係は隠れ蓑で、本当は恋人になりたい……?そんな繊細(?)な乙女心を描いています。


「無職とJK」(缶乃)

「あの娘にキスと白百合を」の缶乃さんの作品。

『年上女性のヒモ志望なのに、なぜか金持ちJKに追いかけられている』。そんな無職女性のお話。

ちなみに、読み切りが多い「エクレア」シリーズでは珍しい続きものだったりします(ただし前後関係は明確には設定されていないようです)。

今回もはずみ(JK)はマオ(無職)に情熱的なアプローチを続けています。はずみにそっけない態度をとるマオですが、すぐお金で解決しようとするはずみを心配しているようにも見えます。その裏にはマオなりの愛情がある、のでしょうか……?

ところでマオがバイトしている描写があったので「無職とJK」というより「フリーターとJK」では?そんなどうでもいいことを考えたりしました。どうでもいいですね。


「もう夏は来ないけれど」(カボちゃ)

エクレアの前号が商業デビュー作だったらしい、カボちゃさんの作品です。

3年生の先輩と2人きりで過ごす、静かな放課後を愛する主人公。でもその一方では、姉へのコンプレックスとか、先輩の受験勉強とか、心配事もいろいろあったり。

主人公の繊細な感情の揺れ動きを、丁寧に描いています。他の作品と比べて際立った個性があるわけではないものの、まっすぐな感じがして好きな作風です。


「私のママ」(タカダフミ子)

「同居人が不安定でして」で知られるタカダフミ子さんの作品。

クラスメイトの青葉さんに強い母性を感じてしまい、戸惑う赤羽さん。ある日ついに衝動を抑えきれなくなり、「私のお母さんになってよ!」と告白。でも、実は青葉さんは赤羽さんを恋人として好きで……。

タイトルからして母娘百合というニッチジャンルかと思いましたが、疑似なので安心です(?)。赤羽さんが最初から最後まで青葉さんを母親としてしか見ていないのが笑えます。


「秘密にさせて」(江島絵理)


「柚子森さん」が話題の江島絵理さん作。

今回もおねロリもの?と一瞬思ってしまうくらい身長差があるカップル。ただし小さいほうが先輩です。

eku2ee3.jpg

先輩は小さいながらも中身はちゃんと年上らしくて、主人公をリードしているようです。でもその裏では先輩もやっぱりドキドキしていたり。外見的にも内面的にもいろいろなギャップがあって面白いカップルです。



今回も良作揃いでした。どの作品も強い個性を持ちつつも、それぞれコンセプトがはっきりしているので読みやすいです。読み切りの短編という形式を活かした自由な作風が多いのも魅力だと思います。



【参考:前号の感想】
「エクレア あなたに響く百合アンソロジー」(仲谷鳰、缶乃ほか)
 
ラベル:エクレア
posted by trinder at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする